2020年度 ソフトマテリアル機能物理   Soft Materials Functional Physics

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
材料コース
担当教員名
早水 裕平 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
  
クラス
-
科目コード
MAT.P404
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年6月7日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本講義は学際的分野であるソフトマテリアルとナノエレクトロニクスの融合から生じる新たな研究分野についての理解を目指す。近年のナノテクノロジーの進歩により、バイオセンシングやバイオイメージングなどのバイオエレクトロニクス分野でナノ材料の使用が広く研究されている。この分野においてはナノ材料と有機分子が形成する界面がその機能を生み出す鍵となる。本講義では、バイオ応用のためのナノテクノロジーの最近の進歩に関する知識の修得を目指す。特に、ナノ材料の物理的性質の基礎とバイオセンシングへの応用について学修する。

到達目標

本講義の目標は、ナノスケールの有機材料物理を理解し、それらがどのようにバイオナノテクノロジーに利用されうるかについての知識の習得である。まずナノテクノロジーの概要について説明をしたのち、ナノ材料と有機材料を用いたセンシング工学とその物理について学習する。講義の最後では、バイオ材料とナノ材料によって形成される界面の制御技術の重要性について議論する。

実務経験のある教員等による授業科目等

-

キーワード

ナノ材料、バイオ材料、バイオセンシング

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

授業に先立ち、バイオセンシングに関連する最近の学術論文を各学生に選択してもらい、その内容について検討する。そこから、各自議論を行い、センシングのメカニズムや使われている材料などについて理解を進める。これを出発点として講義を進める。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ナノテクノロジーとバ最近のバイオナノテクノロジーについての紹介 最近の論文を調べてまとめたレポートを作成
第2回 ナノ材料を用いたセンシングの概要
第3回 センシングの原理
第4回 各種のセンシング技術
第5回 低次元ナノ材料の物理化学(グラフェン系)
第6回 低次元ナノ材料の物理化学(MoS2系など)
第7回 生物学とエレクトロニクスの世界の界面 レポート

教科書

配布資料

参考書、講義資料等

特になし

成績評価の基準及び方法

レポートと発表による

関連する科目

  • N/A

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

学部レベルの物理化学の知識

このページのトップへ