2019年度 有機材料特性解析   Organic Materials Characterization

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
材料系
担当教員名
扇澤 敏明  松本 英俊  VACHA MARTIN  森川 淳子  淺井 茂雄  早水 裕平 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火3-4(S8-102)  
クラス
-
科目コード
MAT.P317
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年5月7日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

高分子を中心とした有機材料の特性解析(キャラクタリゼーション)について,様々な機器分析の基礎と具体的な解析方法について講述する。

到達目標

高分子材料を中心とした有機材料の特性解析(キャラクタリゼーション)について,各種機器分析の基礎と具体的な解析方法の講義によって,特性解析の理解を深める。

キーワード

振動分光,蛍光顕微分光,電子顕微鏡,原子間力顕微鏡,熱分析,誘電率測定,表面界面張力測定,接触角測定,界面動電位測定

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

各回の学習目標をよく読み,課題について予習・復習を行って下さい。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 振動分光 赤外分光,ラマン分光の理解
第2回 緒論-有機材料の構造と特性解析 有機材料の構造と特性解析の理解
第3回 蛍光顕微分光 蛍光顕微分光の理解
第4回 電子顕微鏡・原子間力顕微鏡 電子顕微鏡,原子間力顕微鏡の理解
第5回 熱分析 熱分析の理解
第6回 誘電率測定 誘電率測定の理解
第7回 表面界面張力測定・接触角測定 表面界面張力測定・接触角測定の理解
第8回 界面動電位測定,総括 界面動電位測定,学習内容の総括

教科書

指定なし

参考書、講義資料等

授業で扱う資料は,事前にOCW-iにアップする。

成績評価の基準及び方法

有機材料の特性解析(キャラクタリゼーション)について,各種機器分析の基礎に関する理解度を評価。
評価は期末レポートにより行う。

関連する科目

  • MAT.P221 : 有機材料構造A

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修条件は特に設けないが,関連する科目を履修していることが望ましい。

このページのトップへ