2019年度 金属工学英語セミナー   English Seminar in Metallurgy

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
材料系
担当教員名
各 教員 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
月1-2  木1-2  
クラス
-
科目コード
MAT.M311
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

金属材料の物理、化学及び機械的性質に関する英語のテキストを学び、学んだ内容を英語でプレゼンテーションする。
技術的な専門用語・英語表現の習得のみならず、学問の内容、重要性を効果的かつ魅力的に聴衆に伝えるプレゼンテーションスキルを身に着ける。
5~6人ほどのグループ単位で行い、準備作業の段階で協調性を涵養する。

到達目標

技術英語の習得及び英語プレゼンテーション法の習得

キーワード

材料科学、英語でのプレゼンテーション

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

5~6人のグループで行う。テキストの一章分を習得する。前半は英語テキストの習得、後半はプレゼンテーションの準備と本番からなる。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス、各担当教員への訪問 授業の内容、スケジュールを理解する。
第2回 材料科学に関する英文の読解 材料科学に関する英文の理解
第3回 材料科学に関する英文の読解 材料科学に関する英文の理解
第4回 材料科学に関する英文の読解 材料科学に関する英文の理解
第5回 材料科学に関する英文の読解 材料科学に関する英文の理解
第6回 材料科学に関する英文の読解 材料科学に関する英文の理解
第7回 材料科学に関する英文の読解 材料科学に関する英文の理解
第8回 材料科学に関する英文の読解 材料科学に関する英文の理解
第9回 材料科学に関する英文の読解 材料科学に関する英文の理解
第10回 発表準備 プレゼンテーションの構成法の習得
第11回 発表準備 プレゼンテーションの構成法の習得
第12回 発表準備 プレゼンテーション技報の習得
第13回 発表準備 プレゼンテーション技報の習得
第14回 発表会 自身のプレゼンテーションと他グループ発表への質問

教科書

Materials Science and Engineering Ninth Edition, William D. Callister, JR, David G. Rethwisch

参考書、講義資料等

特になし

成績評価の基準及び方法

出席、英文読解の出来、議論の積極性:50%
プレゼンテーションの内容、構成、質疑応答、チームワーク:50%

関連する科目

  • XEN.E301 : 科学技術者実践英語

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

その他

金属工学科の学生は、大学主催のTOEFL ITPを6月に受けてもらいます。

このページのトップへ