2016年度 グローバルディベート(情報生命)   Global Debate on Computational Life Sciences(ACLS)

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
分子生命科学専攻
担当教員名
山口 雄輝  S.Matthew Gillett  George Gray  K. Yoshimi Saito  Derek Yakiwchuk  Akira Sato  CHU RAY  Chu Ray  Tuan Smit  Kyota Ko 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
ZBA.A502
単位数
2
開講年度
2016年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2016年12月14日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

経験豊富なネイティブ英語講師が本コースのために開発されたテキストを用いて討論・ディベートに必要な基本表現を教え、自らの考えを整理し論理性と説得力をもって表明したり、相手の意見にうまく賛成や反対の意思を伝えることで、円滑に討論・ディベートを行う技術を修得させる。講義ごとに設定される特定のテーマ(英語科学記事や講演に基づく)についてBritish Parliamentaryスタイルで英語のディベートを行う。ステップバイステップで進めるため、ディベートの未経験者であっても数週間経てばディベートできるようになる。教育効果を高めるため、少人数の進度別クラス編成をとっている。
本科目のねらいは、科学・技術をトピックとした討論・ディベートの場において、自らの考えを整理し論理性と説得力をもって表明したり、相手の意見にうまく賛成や反対の意思を伝えることで、円滑に討論・ディベートを行う技術の修得である。
本科目の関連科目として情報生命グローバルコミュニケーションA/B、情報生命グローバルプレゼンテーションA/B、情報生命グローバルライティングがある。特に情報生命グローバルコミュニケーションA/Bは本科目の基礎編と位置づけられており、本科目に先立って情報生命グローバルコミュニケーションAまたはBは履修しておく必要がある。

到達目標

本科目を履修することによって次の能力を修得する。
1)科学・技術をトピックとした討論・ディベートの場において、自らの考えを整理し論理性と説得力をもって表明したり、相手の意見にうまく賛成や反対の意思を伝えることで、円滑に討論・ディベートを行うことができる。
2)初回の講義(レベルチェック)で測定した英会話力から1段階以上レベルアップする。

キーワード

英語、異文化、討論、ディベート

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

初回にレベルチェックを行う。それ以降、教科書の各章に沿って講義を進める。受講者はほぼ毎週、課される課題をあらかじめ行ってから講義に臨む必要がある。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 レベルチェック:1人ずつインタビュー形式で英会話力を測定し、それに基づいて第2回以降のクラス分けを実施する。 第2回の講義に備えて予習すること。
第2回 The Rules of Debate: ディベートのルールを説明し、ディベートの練習を行う。 ディベートの流れを理解し、proposition teamとopposition team、それぞれの議論の組み立て方を理解すること。第3回の講義で課された課題を行ない、予習すること。
第3回 Participating in Debate: "How about Monotasking?"という講演に基づき討論・ディベートする。 "presenting arguments"や"rebutting arguments"を実践して意見や反論を述べられること。第4回の講義で課された課題を行ない、予習すること。
第4回 Connecting Your Ideas: "Driverless Cars Coming Soon"という講演に基づき討論・ディベートする。 教科書の第3章で説明された接続詞を利用し、分かりやすい議論の組み立てで意見を表明できること。第5回の講義で課された課題を行ない、予習すること。
第5回 Segmenting Your Talk: "What the Police Know About You"という講演に基づき討論・ディベートする。 教科書の第4章で説明されたフレーズを利用し、分かりやすい議論の組み立てで意見を表明できること。第6回の講義で課された課題を行ない、予習すること。
第6回 Referencing: "Food Labeling a Major Concern"という記事に基づき討論・ディベートする。 Referencing: "Food Labeling a Major Concern"という記事に基づき討論・ディベートする。
第7回 Stressing to Convey Better: "Teach Statistics Before Calculus"という講演に基づき討論・ディベートする。 "stressing important information"を実践して意見や反論を述べられること。第8回の講義で課された課題を行ない、予習すること。
第8回 Student-Led Discussion 1: 受講者が交代で短い研究発表を行ない、その内容に関する質疑応答と討論を引き続いて行う。 これまでに学んだことを活かしてプレゼンテーションと質疑応答ができること。司会役は"useful expressions for the discussion leader"を用いて司会できること。第9回の講義で課された課題を行ない、予習すること。
第9回 Student-Led Discussion 2: 受講者が交代で短い研究発表を行ない、その内容に関する質疑応答と討論を引き続いて行う。 これまでに学んだことを活かしてプレゼンテーションと質疑応答ができること。司会役は"useful expressions for the discussion leader"を用いて司会できること。第10回の講義で課された課題を行ない、予習すること。
第10回 Rhetorical Questions: "The Trouble With Retractions"という記事に基づき討論・ディベートする。 教科書の第9章で説明された表現を利用し、分かりやすい議論の組み立てで意見を表明できること。第11回の講義の課題を行ない、予習すること。
第11回 Review & Debate Session 1: これまでの内容を反復練習する一方、与えられた記事や講演の中から1つを学生自身が選んで討論・ディベートする。 これまでに学んだことを活かして討論・ディベートできること。第12回の講義の課題を行ない、予習すること。
第12回 Review & Debate Session 2: これまでの内容を反復練習する一方、与えられた記事や講演の中から1つを学生自身が選んで討論・ディベートする。 これまでに学んだことを活かして討論・ディベートできること。第13回の講義の課題を行ない、予習すること。
第13回 Review & Debate Session 3: これまでの内容を反復練習する一方、与えられた記事や講演の中から1つを学生自身が選んで討論・ディベートする。 これまでに学んだことを活かして討論・ディベートできること。第14回の講義の課題を行ない、予習すること。
第14回 Review & Debate Session 4: これまでの内容を反復練習する一方、与えられた記事や講演の中から1つを学生自身が選んで討論・ディベートする。 これまでに学んだことを活かして討論・ディベートできること。第15回の講義の課題を行ない、予習すること。
第15回 Final Debate: "Welcome to the Genomic Revolution"という講演に基づき討論・ディベートする。 これまでに学んだことをすべて活かして討論・ディベートできること。

教科書

無料のテキストを配布する。

参考書、講義資料等

指定なし。

成績評価の基準及び方法

(1) 課題をこなし、準備の上、各回の講義に臨んでいるか、(2) 各回の講義で積極的に討論・ディベートに参加し、講義中に紹介される表現技法を用いて効果的に発言できているか、(3) 期末試験、の3点により評価する。

関連する科目

  • ZBA.A405 : グローバルコミュニケーションA(情報生命)
  • ZBA.A406 : グローバルコミュニケーションB(情報生命)
  • ZBA.A403 : グローバルプレゼンテーションA(情報生命)
  • ZBA.A404 : グローバルプレゼンテーションB(情報生命)
  • ZBA.A501 : グローバルライティング(情報生命)

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

情報生命グローバルコミュニケーションAまたはBを履修しておくこと。本科目の履修には事前登録が必要である。また、情報生命博士教育院の異文化コミュニケーション科目の履修は原則的に1学期に1科目までしか認められない。

このページのトップへ