H31年度 化学工学講究第十   Seminar in Chemical Engineering X

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
化学工学専攻
担当教員名
指導教員 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
-
クラス
-
科目コード
ZSJ.Z696
単位数
2
開講年度
H31年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
H31年4月1日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

【講義の概要】化学工学の知識を生かした先進的な要素技術の開発やプロセス設計に関する研究プロジェクトを遂行し,経過報告,関連する研究文献調査に関する報告会を通じて,成果論文の作成,発表会を実施する.
【講義のねらい】化学工学の知識を生かした先進的な要素技術の開発やプロセス設計に関する研究プロジェクトに関して,研究のストーリーを明確にした計画的な研究遂行能力を養うことをねらいとする.

到達目標

【到達目標】本講義を履修することにより,
(1) 研究のストーリーを明確にした計画的な研究遂行能力を向上させる.
(2) 研究プロジェクトに関するグループディスカッションを通じて,コミュニケーション力,実践力・解決力を向上させる.

キーワード

要素技術の開発,プロセス設計,コミュニケーション力,化学工学

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

化学工学の知識を生かした先進的な要素技術の開発やプロセス設計に関する研究プロジェクトの遂行において,経過報告,関連する研究文献調査に関する報告会を実施し,成果論文の作成,発表会により報告する.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 化学工学の知識を生かした先進的な要素技術の開発やプロセス設計に関する研究プロジェクトの遂行において,経過報告,関連する研究文献調査に関する報告会を実施し,成果論文の作成,発表会により報告する. (1) 研究のストーリーを明確にした計画的な研究遂行能力を向上させる. (2) 研究プロジェクトに関するグループディスカッションを通じて,コミュニケーション力,実践力・解決力を向上させる.

教科書

特になし

参考書、講義資料等

特になし

成績評価の基準及び方法

化学工学の知識を生かした要素技術の開発やプロセス設計に関する研究プロジェクトの遂行において,経過報告,関連する研究文献調査に関する報告会を実施し,成果論文ならびに成果報告でのプレゼンテーションにて評価する.

関連する科目

  • CAP.C341 : ケミカルエンジニアリングトピックス
  • CAP.C322 : ケミカルエンジニアリングデザイン
  • CAP.C331 : 化工文献講読

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件は設けない

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

yshimo[at]chemeng.titech.ac.jp: 下山 裕介

オフィスアワー

メールで事前予約すること.

このページのトップへ