H31年度 量子情報処理   Quantum Information Processing

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
情報通信コース
担当教員名
松本 隆太郎 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
ICT.C601
単位数
2
開講年度
H31年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
H31年4月3日
講義資料更新日
H31年9月9日
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

対応する英語項目をご覧ください

到達目標

対応する英語項目をご覧ください

キーワード

量子暗号, 量子計算機, 量子情報

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

対応する英語項目をご覧ください

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第2回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第3回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第4回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第5回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第6回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第7回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第8回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第9回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第10回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第11回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第12回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第13回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第14回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください
第15回 対応する英語項目をご覧ください 対応する英語項目をご覧ください

教科書

なし

参考書、講義資料等

量子コンピュータと量子通信 (1)~(3)

成績評価の基準及び方法

対応する英語項目をご覧ください

関連する科目

  • LAS.M106 : 線形代数学第二
  • ZUS.M201 : 確率と統計
  • ICT.C205 : 通信理論(情報通信)

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

受講者は線形代数と確率を履修前に理解している必要がある。好きな線形代数の教科書を講義に持参して下さい。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

ryutaroh.matsumoto[at]nagoya-u.jp

オフィスアワー

対応する英語項目をご覧ください

その他

受講者は線形代数と確率を履修前に理解している必要がある。好きな線形代数の教科書を講義に持参して下さい。

このページのトップへ