H31年度 地球環境と経済発展のモデリング   Modeling of Global Environment and Economic Growth

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
経営工学コース
担当教員名
金森 有子  平山 智樹  高倉 潤也 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月1-2(W931)  木1-2(W931)  
クラス
-
科目コード
IEE.B530
単位数
2
開講年度
H31年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
H31年4月3日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義では、地球環境問題の議論で使用されている統合評価モデルやシナリオを紹介し、地球環境問題解決のためにどのようにモデルが利用されているか説明する。また、統合評価モデルを構成する個々のモデルの紹介を通じ、問題を解決するために、どのようなモデルの構築が必要であるかを理解してもらう。本講義で紹介するモデルは、日本の地球温暖化問題に係る議論や世界の地球温暖化問題に係る議論でも用いられてきたモデルである。モデルの構造の詳細を理解するのではなく、モデルの利点、欠点等の特徴の理解を通じ、地球環境問題に関心を持ち、それぞれが考える力を身につけて欲しい。授業担当教員に加え、3名の外部講師で講義を行う。

到達目標

本講義を履修することで、次の能力を習得する
(1)地球環境分野で用いられているモデルの特徴を理解し、説明できる
(2)(1)を踏まえ、教員が出す課題設定に対しモデル構造を検討できる
(3)それぞれの検討結果について、人に正しく意図を伝えるプレゼン能力

キーワード

地球環境問題、経済発展、モデル解析、統合評価モデル

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

第1回~第14回にかけ、教員が講義を行う。その後第15回に課題発表会を設定する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 統合評価モデルの紹介 本授業全体のねらいを理解してもらうこと
第2回 シナリオ紹介 地球環境問題とシナリオ開発の関係の理解
第3回 エンドユースモデルの概要 ボトムアップ型モデルの理解
第4回 AIM/ExSSモデルの紹介 勘定型モデルの理解
第5回 日本におけるエンドユースモデルの活用 日本の環境政策の場でどのようにAIM/Enduseが利用されたのかを理解する
第6回 人口・世帯数推計モデル 人口・世帯数推計モデルの理解
第7回 海外におけるエンドユースモデルの活用 海外の研究でどのようにEnduseモデルが利用されたのかを理解する
第8回 影響評価モデル1(いろいろなモデルの考え方) 様々な影響評価モデルの考え方を理解する
第9回 影響評価モデル2(影響評価の具体例) 気候変動問題における影響評価分野の最新の知見を理解する
第10回 家庭モデル(1) 家庭部門のモデルの理解
第11回 家庭モデル(2) 家庭部門のモデルの理解
第12回 モデル作成の実際 現実のモデル作成に必要な作業に関する理解
第13回 AIM/CGEの構造 AIM/CGEの構造の理解。
第14回 AIM/CGEを用いた中国における持続可能な発展シナリオの評価 AIM/CGEを用いた持続可能な発展シナリオの検討の理解
第15回 課題発表会 課題の発表。モデル構築のために足りない視点を理解してもらう。

教科書

講義資料は、教員が講義時に配布する。

参考書、講義資料等

参考資料は、講義資料に示す。

成績評価の基準及び方法

課題発表会での発表1回+レポート(50%)
外部講師3名による評価(主にミニレポート)(50%)

関連する科目

  • IEE.B331 : 応用ミクロ経済学
  • IEE.B531 : 環境経済・政策論
  • IEE.B333 : 環境経済学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ