2019年度 応用統計解析   Applied Statistical Analysis

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
経営工学コース
担当教員名
宮川 雅巳 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火5-6(W934)  金5-6(W934)  
クラス
-
科目コード
IEE.C431
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年4月11日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

統計的方法の実践的な使い方を講義する。

到達目標

自身の研究遂行に有用な統計解析手法「科学の文法」を習得すること。

キーワード

分散分析、回帰分析、交互作用解析、MDS, パラメータ設計、グラフィカルモデリング

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

毎回、授業中に演習を行い、課題をその日のうちに提出する。電卓あるいはパソコンを持参すること

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 オリエンテーション、Buffonの針 距離と面積の推定
第2回 一元配置データ;分散分析と単回帰分析 直交多項式のあてはめ
第3回 三元分割表の解析 マンテル・ヘンツエル検定の適用
第4回 単相関,重相間,そして偏相関 偏創刊分析
第5回 二元配置データでの交互作用解析(その1)直交多項式の利用 二元配置データへの直交多項式のあてはめ
第6回 二元配置データでの交互作用解析(その2)FANOVAモデルの利用 FANOVAモデルの適用
第7回 次数の大きな二元分割表;対応分析 対応分析の適用
第8回 統計的方法の社会的役割 課題なし
第9回 共分散分析;ダミー変数を含んだ回帰分析 共分散分析の適用
第10回 距離データの解析;計量MDS 計量NDSの適用
第11回 判別分析(対称的と非対称的) 判別分析の適用
第12回 パラメータ設計:タグチメソッド(その1)静特性の場合 静特性へのパラメータ設計
第13回 パラメータ設計:タグチメソッド(その2)動特性の場合 動特性へのパラメータ設計
第14回 グラフィカルモデリング(その1)共分散選択 共分散分析の適用
第15回 グラフィカルモデリング(その2)対数線形モデル 対数線形モデルの適用

教科書

特になし

参考書、講義資料等

圓川隆夫,宮川雅巳著『SQC 理論と実際』朝倉書店
宮川雅巳著『統計技法』共立出版
宮川雅巳著『グラフィカルモデリング』朝倉書店
宮川雅巳著『品質を獲得する技術』日科技連
宮川雅巳著『実験計画法特論』日科技連

成績評価の基準及び方法

レポートにより評価する.

関連する科目

  • 統計工学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

統計的方法の基礎

このページのトップへ