2016年度 計算論的脳科学   Computational Brain

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
情報通信コース
担当教員名
小池 康晴 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月5-6(G224)  
クラス
-
科目コード
ICT.H422
単位数
1
開講年度
2016年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2016年5月27日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

人間の脳は,環境に適した行動を自律的に学習し,適用している. 本講義では,運動学習に関する脳の機能を計算論的に解明する方法論について述べる.
本講義では、運動の最適化,制御,学習について,生体信号を用いたモデル化とその応用例を通して,脳の仕組みを知ることを目的とする.

到達目標

本講義をとおして、運動学習に関する脳の機能を計算論的に解明する方法論を説明できることを到達目標とする.

キーワード

運動制御、機械学習、脳科学

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

スライドを用いて内容を解説する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 計算論的神経科学 計算論的神経科学の概要を理解する
第2回 運動の軌道計画と最適化問題 運動の軌道計画と最適化問題を理解する
第3回 生体信号解析 生体信号解析について理解する
第4回 生体のモデル化 生体のモデル化について理解する
第5回 随意運動の学習と制御 随意運動の学習と制御について理解する
第6回 脳情報のデコーディング 脳情報のデコーディングについて理解する
第7回 アプリケーションへの応用 アプリケーションへの応用について理解する
第8回 課題発表 課題を発表する

教科書

特になし

参考書、講義資料等

Principles of Neural Science, McGraw-Hill Professional

成績評価の基準及び方法

授業課題(50%)・期末レポート(50%)で成績を評価する。

関連する科目

  • ICT.H509 : 脳機能計測

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ