2018年度 暗号技術とネットワークセキュリティ   Cryptographic Technology and Network Security

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
情報通信系
担当教員名
尾形 わかは  北口 善明 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火5-6(W331)  金5-6(W331)  
クラス
-
科目コード
ICT.C315
単位数
2
開講年度
2018年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2018年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

 本講義の前半では暗号技術を扱う.現在インターネット等で利用されている暗号方式,認証方式等の暗号技術について,機能や仕組みを解説する.後半ではネットワークセキュリティを扱う.概要説明の後に,攻撃手法,Webセキュリティ,DNS・メールセキュリティおよび防御手法を解説する.
 通信ネットワークに対する脅威は年々増大しており,これらの脅威から通信を守るために,様々なセキュリティ技術が利用されているが,完全には防御しきれていないのが現状である.セキュリティ技術を理解することで、現状のセキュリティ状況を的確に調査・分析できるようになってほしい.

到達目標

この講義の履修によって,脅威から通信ネットワークを守るための基本的な知識を身に着けることにより,状況を適切に調査・分析し,適切なセキュリティ技術を選択・活用することができるようになることを目標とする.

キーワード

暗号方式,認証方式,ディジタル署名,PKI,アクセス制御,不正ソフトウェア,ポートスキャン,DoS攻撃,ファイヤウォール,ウィルスチェックソフトウェア

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

前半では,スライドを用いて暗号技術の紹介をする.
後半は,コンピュータを使った演習を含んだ講義を行う.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 暗号の歴史と共通鍵暗号 日常的に,セキュリティやそこで使用されている技術について興味を持つこと.
第2回 メッセージ認証
第3回 DH鍵交換と公開鍵暗号
第4回 ディジタル署名と公開鍵認証基盤
第5回 ユーザ認証
第6回 その他の暗号技術
第7回 前半のまとめと中間試験
第8回 ネットワークセキュリティ概要1:脆弱性、攻撃手法の概要とアクセス制御
第9回 ネットワークセキュリティ概要2:脆弱性と不正ソフトウェア
第10回 攻撃手法1:ポートスキャン、DoS攻撃他
第11回 攻撃手法2:セッションハイジャック、ソーシャルエンジニアリング他
第12回 Webセキュリティ
第13回 DNS・メールセキュリティ
第14回 防御手法1:ファイアウォール、ウィルスチェックソフトウェア他
第15回 防御手法2:先進的防御技術とプライバシー保護

教科書

なし

参考書、講義資料等

講義資料は各回の講義で配布する.

成績評価の基準及び方法

暗号技術およびネットワークセキュリティに関する基本的な概念と技術の利用方法の理解度,および現状のセキュリティ状況を調査・分析する能力によって評価する。中間試験(50%)およびレポート(50%)により判断する.

関連する科目

  • ICT.C305 : ネットワーク構成

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件を設けない

このページのトップへ