2019年度 通信理論(電気電子)   Communication Theory (Electrical and Electronic Engineering)

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
電気電子系
担当教員名
植之原 裕行  青柳 貴洋 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月7-8(S221)  水1-2(S221)  
クラス
-
科目コード
EEE.S341
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
2019年10月13日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

情報理論の基本定理などを概観し、基礎知識を身に付ける。
具体的には情報の扱いに関する基本的なモデルを想定し、データ圧縮に関する代表的な符号(語頭符号、ハフマン符号、イライアス符号、ZL符号),通信路の容量に関わる基本定理,誤り訂正符号技術(線形ブロック符号、巡回符号、畳み込み符号、LDPC符号)、暗号の理論、公開鍵暗号理論などについて学び、その理論を理解する。

到達目標

情報通信のための情報の符号化・圧縮や、通信路の容量・符号化、いろいろな誤り訂正符号、および暗号の基礎理論について理解し、基本知識を習得する.

対応する学修到達目標は、
(1) 【専門力】基盤的な専門力
(4) 【展開力】(探究力又は設定力)整理及び分析できる力
(7) 幅広い専門知識を習得し,より高度な専門分野や他分野に自ら学修を広げる力

キーワード

情報の符号化、情報の圧縮、通信路容量、誤り訂正符号、暗号

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

毎回の講義の冒頭で、前回の演習問題の解説を行います。引き続いて、各回の内容について講義します。講義の後半で該当内容の演習問題に取り組んでもらいます。復習を怠らないようにしてください。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 通信システム概論:通信伝送のモデル・情報量・エントロピー 教科書第1章・第2章の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第2回 情報源符号化(情報源符号化, 語頭符号, 情報源符号化定理) 教科書第3章の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第3回 データ圧縮(ハフマン符号) 教科書第4章2節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第4回 データ圧縮(イライアス符号) 教科書第4章3節~4節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第5回 データ圧縮(ZL符号) 教科書第4章5節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第6回 通信路容量(通信路の確率モデル, 相互情報量, 通信路容量) 教科書第5章の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第7回 通信路符号化(通信路符号化, 通信路符号化定理, 繰返し符号) 教科書第6章1節~2節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第8回 通信理論に関する演習 教科書第1章~第6章2節の精読 OCW-iアップロード資料(第1回~7回)の精読
第9回 誤り訂正符号(線形ブロック符号) 教科書第6章3、4節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第10回 誤り訂正符号(巡回符号, 畳み込み符号) 教科書第6章5節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第11回 誤り訂正符号(LDPC符号) 教科書第6章6節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第12回 連続情報と連続通信路 教科書第7章の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第13回 暗号の基礎理論 教科書第8章1節~2節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第14回 暗号の例(共通鍵暗号、ハッシュ関数) 教科書第8章3節~7節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認
第15回 暗号の例(公開鍵暗号) 教科書第8章3節~7節の精読 OCW-iアップロード資料の精読 講義後の資料内容の再確認

教科書

通信理論入門,坂庭好一,笠井健太,コロナ社,2014

参考書、講義資料等

イラストで学ぶ情報理論の考え方,植松友彦,講談社, 2012

成績評価の基準及び方法

情報の符号化・圧縮、通信路容量・符号化、誤り訂正符号、暗号の基礎理論などについての理解度を評価。
配点は、中間試験(40%)・期末試験(40%)、演習(20%)。

関連する科目

  • 信号システム
  • 光エレクトロニクス

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

基本的な数学(大学1・2年)の知識を有すること。

このページのトップへ