2019年度 計測信号処理特論   Advanced Course of Measurement and Signal Processing

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
システム制御コース
担当教員名
原 精一郎 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火5-6(W321)  
クラス
-
科目コード
SCE.I401
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

最初に物理現象の計測,および計測された信号の処理の概念と応用分野について講述する.
次いで線形な信号の処理として,スペクトル解析およびフィルタリングについて講述する.その後に非線形な信号処理として,統計的信号処理,適応信号処理について講述する.最後に信号を分析・評価するための解析方法について講述する.

機械やシステムに周囲の環境に適合した動作をさせるためには,物理現象から必要な情報を得てその評価を行う必要がある.
本授業科目では,その最初のステップとして,現象を測定して分析するための知識と技術を身につけてもらうことを狙いとしている.

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する
1) 現象に関する情報の計測とデジタル化に対する理解
2) 時系列信号に対する基礎的,および高度な処理の理解
3) 以上の処理を実際に適用できる技術

キーワード

計測,信号処理,デジタル信号処理,スペクトル解析,フィルタ

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

講義と理解を確認するための簡単な演習を行う

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 信号の計測・処理の概念と応用分野 各自の研究分野における計測についてレポート
第2回 スペクトル解析(フーリエ変換,最大エントロピー法) スペクトル解析の課題
第3回 線形フィルタリング フィルタリングに関する課題
第4回 2次元フィルタ,相関関数 相関関数に関する課題
第5回 フラクタル解析,ウェーブレット解析 ウェーブレット解析についてレポート
第6回 信号のパラメータ化とパラメータの統計処理 パラメータの統計処理に関する課題
第7回 波形歪みの補正 波形歪みに関する課題
第8回 まとめ 特に無し

教科書

講義資料は講義中に配布する

参考書、講義資料等

ランダムデータの統計的処理: J. S. ベンダット,A. G. ピアソル, 培風館(1976)
Chaotic and Fractal Dynamics(カオスとフラクタルのダイナミクス): Francis C. Moon, Wiley-Interscience(1992)

成績評価の基準及び方法

講義に関する内容について理解し応用することができることを数回の課題,および最終課題によって評価する.

関連する科目

  • SCE.I303 : 計測システム論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ