2020年度 B2D研究基礎a(システム制御系)   B2D Research Basic A in Systems and Control Engineering

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
システム制御系
担当教員名
倉林 大輔 
授業形態
演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
-
クラス
-
科目コード
SCE.Z281
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2020年6月7日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

研究を行う上で必要な,次の研究活動の一部を経験し,自身の研究課題を設定することを目指す。①文献等の調査を通じて研究に関する理解を深め,②研究者としての最低限の安全や倫理を理解し,③当該研究分野の基礎的な研究遂行手段・表現手法を体験する。

到達目標

B2D研究基礎を履修することにより,次の能力を修得する。
1)主体的に専門知識を習得し,課題を見出そうとする力
2)研究者としての最低限の安全や倫理を理解している
3)基礎的な研究遂行手段や表現手法を体得する

実務経験のある教員等による授業科目等

-

キーワード

研究活動,文献調査,研究安全・倫理,研究課題

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)
専門力,課題設定力

授業の進め方

B2D指導教員の研究室で行い,実施計画はB2D指導教員とB2D学生が協議して決定する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ・B2D研究基礎の進め方に関わるB2D指導教員のガイダンス ・研究の方向性について討論 ・安全性と倫理 ・研究体験 ・研究課題の決定 B2D指導教員の指示に従う

教科書

授業中に指示する

参考書、講義資料等

授業中に指示する

成績評価の基準及び方法

到達目標1)~3)に応じた具体的評価内容とその評価基準を系で定めて,該当者に周知する。

関連する科目

  • SCE.Z386 : B2Dプレ研究実践a(システム制御系)
  • SCE.Z387 : B2Dプレ研究実践b(システム制御系)

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

B2D特別選抜合格者であること。

このページのトップへ