2017年度 先端センシングテクノロジー   Advanced Sensing Technology

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
システム制御系
担当教員名
金川 信康  大山 真司  古谷 利器 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
木7-8(S423)  
クラス
-
科目コード
SCE.I351
単位数
1
開講年度
2017年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2017年3月17日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

種々のセンサの検出原理とそれらを利用した計測システムについて学習する。社会インフラや自動車に用いられる先端的なセンシングシステムについても理解を深める。

到達目標

基本的なセンサの原理と利用方法を理解する。さらに発展的なシステム構築に必要な知識を獲得する。

キーワード

各種センサの原理、センシングシステム、社会インフラ、先進安全自動車

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

複数の非常勤講師によるオムニバス

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 1.基本のセンサ及び社会インフラに関する先端センシング(4回程度) 2.先進安全自動車における先端センシング(3回程度) 1.基本的なセンサに関する基礎知識を身につける。社会インフラにおけるセンサの役割を理解できる。 2.先進安全自動車におけるセンサの役割を理解できる。

教科書

特になし

参考書、講義資料等

毎回配布

成績評価の基準及び方法

レポートによる

関連する科目

  • 特になし

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ