2020年度 オフキャンパスプロジェクトSSSEP   Off-campus Project SSSEP

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
機械コース
担当教員名
指導教員 
授業形態
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
講究等  
クラス
-
科目コード
MEC.Q613
単位数
4
開講年度
2020年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2020年10月9日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

この講義は,IGP-A のスーパースマートソサイエティエンジニアリングプログラムに所属する学生の博士号取得に必要なものです.学生は,企業または機関が実施している実際のプロジェクトに参加します.プロジェクトの期間は原則3 か月から6 か月で,学生は会社または機関で合計320 時間以上実習を行う必要があります.プロジェクト期間(合計時間ではなく)には、会社または施設内の実際の活動だけでなく、インターンシップ前の指導教員との計画作業や、インターンシップ後の最終報告書の準備作業も含まれます。学生は自分自身の分野で実際の経験を持ち、このインターンシッププロジェクトを通じて将来の職業について適切な見通しを得るでしょう。

到達目標

次のいずれか又は両方を目標とする.
(1) 大学内では得られにくい知識や能力を修得する,
(2) 大学内で得た知識や能力の活用方法を体験的に修得する.

キーワード

インターンシップ,機械工学

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

インターンシップなどの参加前には,計画を立案して文書化する.インターンシップなどの参加後は,成果を文書にまとめたりプレゼンテーションを行ったりすることで報告する.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 計画立案 参加計画を立案して文書化する.
第2回 インターンシップなどへの参加(原則3-6ヶ月,合計320時間以上実習) インターンシップなどに参加する.
第3回 成果報告 成果をまとめて機械コースに報告する.

教科書

なし

参考書、講義資料等

なし

成績評価の基準及び方法

計画および成果報告の内容に基づいて評価する.計画は文書形式,成果報告は文書形式またはプレゼンテーション形式とする.

関連する科目

  • なし

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

IGP-AのSuper Smart Society Engineering Program (SSSEP)に所属する機械コースの博士課程学生とする.

このページのトップへ