2016年度 ライフイノベーション実践基盤   Fundamentals of Research Application for Life Innovation

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
ライフエンジニアリングコース
担当教員名
梶原 将  宮田 満  小宮山 靖  秋元 浩  小泉 聡司  河辺 拓己  藤田 節  松本 正  箭内 博行  斉藤 吉毅 
授業形態
講義 / 演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
HCB.C432
単位数
2
開講年度
2016年度
開講クォーター
1-2Q
シラバス更新日
2016年12月14日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

ライフ関連産業界の知識,ライフ関連政策の知識,ライフ系の知財戦略,実業化知識などの実業界において必要な基礎知識を習得し,ケーススタディ等を通して実践における課題解決力を養う。

到達目標

学生たちは以下の項目の事項を実施する。
1)ライフエンジニアリング,すなわち人の健康•医療•環境等に関する工学的研究開発,技術開発に関連する実業界において必要な基礎知識を習得する。
2)個々の事例について学習することで,実業界での事例とコースで学習する学問の基礎との関連を意識し,ライフエンジニアリングに関してより深く理解する。

キーワード

実業界,ケーススタディ

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

各回講義終了時に教授内容に関する演習課題を与え、その回答を求める.各回の十分な復習が望まれる.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ライフ系産業の様々な領域と国際戦略 講義および課題レポートでの復習
第2回 ライフ系産業研究開発型企業において求められる人材 講義および課題レポートでの復習
第3回 ライフ系統計学実践 講義および課題レポートでの復習
第4回 ライフ系製品開発事例研究 講義および課題レポートでの復習
第5回 バイオ産業における知的財産戦略 講義および課題レポートでの復習
第6回 特許出願戦略演習1 講義&演習および課題レポートでの復習
第7回 特許出願戦略演習2 講義&演習および課題レポートでの復習
第8回 ライフ系商品開発演習1 講義&演習および課題レポートでの復習
第9回 ライフ系商品開発演習2 講義&演習および課題レポートでの復習
第10回 ライフ系商品開発演習3 講義&演習および課題レポートでの復習
第11回 バイオベンチャー創業事例 講義および課題レポートでの復習
第12回 演習バイオベンチャー起業シミュレーション1 講義&演習および課題レポートでの復習
第13回 演習バイオベンチャー起業シミュレーション2 講義&演習および課題レポートでの復習
第14回 演習バイオベンチャー起業シミュレーション3 講義&演習および課題レポートでの復習
第15回 演習バイオベンチャー起業シミュレーション4 講義&演習および課題レポートでの復習

教科書

特になし

参考書、講義資料等

講義で用いる資料は,当日配布する.

成績評価の基準及び方法

講義毎の課題レポート作成および出席により評価する.

関連する科目

  • なし

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ