2019年度 医療・福祉機器のデザイン   Design of Medical and Welfare Device

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
エンジニアリングデザインコース
担当教員名
土方 亘 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月1-2(S514)  
クラス
-
科目コード
ESD.D404
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

世界的な人口の高齢化を迎える中で,医療・福祉機器は病気の治療や生活の質を向上する手段として,その重要度は増している.本講義では,複数の実例紹介をもとに,人間の特性や感性を考慮した医療・福祉機器のデザインについて学ぶ.

到達目標

医療・福祉機器が安心・安全に,そして機能的に動作するためにどのような設計が行われているかを理解し,医療・福祉機器のデザインに必要な基礎的な技術的視点を修得する.

キーワード

医療機器,福祉機器,人間工学,感性工学,フェールセーフ,生体適合性,デザインプロセス

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

講義を中心としながら,ディスカッションやレポート課題も併用して授業を進める.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 医療・福祉機器の歴史・全体像 医療・福祉機器の歴史や分類について理解
第2回 人間工学・感性工学に基づく医療機器設計 医療機器における人間工学・感性工学の導入例の理解
第3回 人間工学・感性工学に基づく福祉機器設計 福祉機器における人間工学・感性工学の導入例の理解
第4回 フェールセーフ設計 人への安全やフェールセーフに配慮したデザインについて理解
第5回 生体適合設計 医療・福祉機器特有の生体組織に配慮したデザインについて理解
第6回 デバイスの電動化技術 義手・義足やヘルスモニタリングセンサ等,最新の電動デバイスとそれにまつわる課題について理解
第7回 ユーザビリティとそのテスト 医療・福祉機器におけるユーザビリティと,そのテスト法について理解
第8回 各項目の復習と全体のまとめ 授業のまとめ

教科書

特に無し

参考書、講義資料等

OCW-iに掲載予定

成績評価の基準及び方法

レポートと期末試験によって評価する

関連する科目

  • ESD.F404 : 感性工学・エモーショナルデザイン
  • HCB.M464 : 神経工学概論
  • MEC.L432 : 人間中心設計学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件を設けない

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

土方 亘 hijikata.w.aa[at]m.titech.ac.jp

オフィスアワー

メールで事前予約すること

このページのトップへ