2019年度 エンジニアリングデザインプロジェクトB B   Engineering Design Project B B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
エンジニアリングデザインコース
担当教員名
齊藤 滋規  坂本 啓  角 征典  土方 亘  飯島 淳一  北詰 昌樹  西條 美紀  藤井 晴行  因幡 和晃  武田 行生  倉林 大輔  竹田 陽子  妹尾 大  田岡 祐樹  八木澤 優記  照井 亮 
授業形態
演習 /実験
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
B
科目コード
ESD.A502
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年9月19日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

異なる分野からの参加者によりチームを構成し,デザイン思考を核として与えられた問題を解決するためのハードづくり・コトづくり・ソフトづくりを具体的な目標に対して実践的に演習する.問題解決にあたって,技術シーズに基づく発想ではなく,問題解決や利用者の視点に立ったデザイン思考の設計手法について具体的な目標に対し実践する.また,異なる分野からの参加者をまとめ,多様な参加者と共創するプロジェクトの運営管理についても実践する.

到達目標

各グループに具体的に与えられたデザイン課題に対して,グループにてデザイン思考のプロセスを実践し,課題解決に資するソリューションを提示できるようになること.この過程で,「自らの手でプロトタイプを制作しユーザーとの共感を高める方法」および「異分野の受講生との多様性の差異を乗り越えてチーム活動を進める方法」を実践的に体得すること.

キーワード

デザイン思考,Project-Based-Learning (PBL)

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

担当教員の指導を受け,デザイン思考のプロセスにのっとったグループワークを行う.Project-Based-Learning (PBL)形式.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 担当教員の指定による。 担当教員の指定による。

教科書

担当教員の指定による.

参考書、講義資料等

東京工業大学エンジニアリングデザインプロジェクト, 齊藤 滋規, 坂本 啓, 竹田 陽子, 角 征典, 大内 孝子 「エンジニアのためのデザイン思考基礎」(翔泳社,2017)

成績評価の基準及び方法

講義中随時行う面談,成果物,プレゼンテーション及びレポートにより行う.

関連する科目

  • ESD.A402 : デザイン思考基礎
  • ESD.A501 : エンジニアリングデザインプロジェクトA
  • ESD.A503 : エンジニアリングデザインプロジェクトC

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

本講義はプロジェクト型講義という性質から,受講人数に制限を設ける.下記の条件を満たすものを優先的を受講許可する.
・本講義が修了条件となっているエンジニアリングデザインコースおよびCBEC特別専門学修プログラムの所属学生.(これらの該当がない場合は,履修可能かどうか,事前に担当教員へ確認すること.)
・「自らの手でプロトタイプを制作しユーザーとの共感を高める意思」「異分野の受講生との多様性の差異を乗り越えてチーム活動を進める意思」を有する学生.(関連する科目の受講実績,教員との面談から判断する.)

このページのトップへ