2019年度 研究プロジェクト(機械系)   Research opportunity in Laboratories (MEC)

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
機械系
担当教員名
各 教員 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
月5-8(各研究室)  
クラス
-
科目コード
MEC.Z381
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

複数の研究室で研究体験を行う.研究に触れる機会を持つことにより,高度専門教育である大学院教育に具体的な興味・関心を持つきっかけとなることを目的とする.また,研究倫理について理解する.

到達目標

研究室における研究の実際を理解する.
研究倫理を理解する.

キーワード

研究,研究室,研究倫理

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

機械系の学生を大きく2つに分け,それぞれが第1Qまたは第3Qに履修する.第1週目は,全体のオリエンテーションを実施するともに,研究倫理について理解する.第2週目以降は,学生は3~5名程度を1班として,6週の間に2週ずつ3研究室を訪問し,各研究室ごとに課題を実施する.3つの研究室のそれぞれについて,研究活動の報告書を作成する.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 オリエンテーションと研究倫理 授業の目的を理解し,班分けを行う.研究倫理について理解する.
第2回 最初の研究室における第1回目の活動 研究活動を行う.
第3回 最初の研究室における第2回目の活動 研究活動を行う.
第4回 二つ目の研究室における第1回目の活動 研究活動を行う.
第5回 二つ目の研究室における第2回目の活動 研究活動を行う.
第6回 三つ目の研究室における第1回目の活動 研究活動を行う.
第7回 三つ目の研究室における第2回目の活動 研究活動を行う.

教科書

なし

参考書、講義資料等

日本学術振興会の研究倫理e-ラーニングコース(eL CoRE)

成績評価の基準及び方法

3研究室のそれぞれにおける活動内容とレポート,およびeL CoREによる研究倫理の理解を総合して,合格・不合格で評価する.

関連する科目

  • MEC.A201 : 工業力学
  • MEC.C201 : 材料力学
  • MEC.D201 : 機械力学
  • MEC.E201 : 熱力学(機械)
  • MEC.F201 : 基礎流体力学
  • MEC.H201 : 機械要素及び機械製図
  • MEC.Q201 : 機械システム学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

機械系の3年次学生

その他

特になし

このページのトップへ