2019年度 ロボット技術   Robot Technology

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
機械系
担当教員名
武田 行生  菅原 雄介  只野 耕太郎  土方 亘  松本 治  松本 吉央  河井 良浩  谷川 民生  安藤 慶昭  永田 和之  佐藤 雄隆  小関 義彦  金広 文男  加藤 晋  有隅 仁  田中 英一郎 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
木5-8(I121)  
クラス
-
科目コード
MEC.I334
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年4月4日
講義資料更新日
2019年6月6日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

ロボット技術の変遷,ロボットのハードウェア,ソフトウェア技術に関する現状,医療・福祉分野への応用をはじめとするロボットの応用事例等について,これらを専門とする研究者を主たる講師として講義を行う.
これにより,ロボット技術発展の歴史,各種ロボットのハードウェアおよびソフトウェアに関する基礎および先端技術,さらに社会実装の課題などに関する知識が身に着くことになる.

到達目標

ロボット技術の歴史,現状,今後の課題を理解する.

キーワード

ロボット工学,機構,要素,制御,歴史,応用

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

毎回の授業では,ロボット技術に関する異なるトピックについて講述し,レポートを課す.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ロボット技術概論(河井良浩) ロボット技術発展の歴史について紹介する.
第2回 マニピュレータ,およびロボットの構成と要素(菅原雄介) マニピュレータの種類と特徴および応用,およびロボットの構成と用いられる要素について紹介する.
第3回 ロボットハンド(永田和之) ロボットハンドの種類と特徴,および把持理論の基礎について紹介する.
第4回 ロボットビジョン(佐藤雄隆) 画像センシング技術とそのロボットへの応用について紹介する.
第5回 ヒューマノイドロボット(金広文男) ヒューマノイドロボット研究の歴史、システム構成、応用例と技術課題について紹介する。
第6回 ロボットミドルウエア(安藤慶昭) ロボットシステム構築を容易にするためのソフトウェアプラットフォームであるロボットミドルウェアについて紹介する.
第7回 ITS技術(加藤 晋) 自動運転車両の技術開発などの高度道路交通システムに関する技術紹介と種々の問題について紹介する.
第8回 サービスロボット(松本吉央) リハビリテーションや医療・介護施設の業務の支援を行うロボットの開発動向と応用および問題点について紹介する.
第9回 手術ロボット(小関義彦) 手術ロボットの技術動向と問題点について紹介する.
第10回 災害調査・インフラ点検ロボット(有隅 仁) 災害調査や社会インフラの点検を行うロボットの技術動向と実施例および問題点について紹介する.
第11回 マイクロ・ナノロボット(谷川民生) マイクロ・ナノロボットの設計および製造方法,応用について紹介する.
第12回 搭乗型移動支援ロボット(松本 治) ロボット技術が搭載されたパーソナルモビリティの技術動向と応用について紹介する.
第13回 空気圧アクチュエータ(只野耕太郎) 空気圧アクチュエータの種類と特徴および応用について紹介する.
第14回 動作補助ロボット(田中英一郎) 人間の各種動作を補助するロボットの現状と問題点を紹介する.
第15回 人工心臓技術(土方 亘) 人工心臓の種類と特徴および周辺技術について紹介する。

教科書

オリジナルテキストを配布する.

参考書、講義資料等

参考資料を,適宜,OCW-iにアップする.

成績評価の基準及び方法

レポートの提出状況とその内容により評価する

関連する科目

  • MEC.I211 : ロボット機構学
  • MEC.I333 : ロボットの力学と制御
  • MEC.I331 : メカトロニクス工学(機械)
  • MEC.I332 : メカトロニクス演習
  • SCE.S301 : ロボットシステムと制御
  • SCE.S351 : ロボット・ビークルテクノロジー

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件はないが,以下の科目を履修しているとより深く理解できるであろう.
・MEC.I211:ロボット機構学
・MEC.I331:メカトロニクス工学(機械)
・MEC.I332 : メカトロニクス演習
・MEC.I333:ロボットの力学と制御

このページのトップへ