2017年度 生命工学総合実験第二 情報   Biotechnology Laboratory II 情報

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
生命工学科
担当教員名
増田 真二 
授業形態
    
曜日・時限(講義室)
火5-8(緑が丘3号館学生実験室)  金5-8(緑が丘3号館学生実験室)  
クラス
情報
科目コード
ZUX.D322
単位数
4
開講年度
2017年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2017年4月27日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

生命理工学系の研究室に所属して学士論文研究を行うために最低限必要な、物理化学・有機化学・生化学・分子生物学の実験原理・手法を修得する。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1) 学士論文研究を行うために最低限必要な実験を行うことができる。
2) 実験がうまくいかない時にトラブルシューティングの方法を考案することができる。
3) 実験の目的、結果、考察を明確にノートにまとめることができる。

キーワード

物理化学実験、有機化学実験、生化学実験、分子生物学実験

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

最初の30分程度でその回に行う実験についての説明を行い、その後に実験を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 第1回に、全体のオリエンテーションを行う。第2回以降は受講生を 4グループに分け、原則的に、物理化学実験・有機化学実験・生化学実験・分子生物学実験の4つの実験群のうち2つの実験群について実験を行う(残り2つの実験群は生命科学総合実験第二で扱う)。各実験群について、原則的に4テーマ(3回で1テーマ)の実験を計12回行う。 生命理工学系の研究室に所属して学士論文研究を行うために最低限必要な、物理化学・有機化学・生化学・分子生物学の実験ができる。

教科書

生命理工学系が作成する独自のテキスト

参考書、講義資料等

参考書は指定しない。必要に応じて資料をプリントとして配布する。

成績評価の基準及び方法

実験に臨む姿勢と実験操作技術の修得度、および各担当教員ごとに提出する実験レポートによる。

関連する科目

  • ZUX.D321 : 生命工学総合実験第一
  • ZUX.A221 : 生命工学基礎実験第一
  • ZUX.A222 : 生命工学基礎実験第二

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

生命工学基礎実験第一・同第二・生命工学総合実験第一を履修していること、または同等の知識があること。

このページのトップへ