2020年度 結晶構造特論   Advanced Course in Crystal Structure Science

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
化学コース
担当教員名
植草 秀裕 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
  
クラス
-
科目コード
CHM.B434
単位数
2
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年6月7日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

有機結晶構造を使った研究について述べる。結晶構造の解析法の概略、結晶を構成する分子間相互作用、分子性結晶に関連する物性、結晶構造、反応性などについて解説する。有機物の結晶は身の回りに少なくない。その構造や性質についてどのように解析・理解するのか、また有機結晶特有の性質とは何か、など重要な観点を取り上げ、実例を理解しながらその基本にある考えかたや視点を身につける。特に、結晶中での動的な挙動である、結晶相反応について専門的に取り上げて説明する。

到達目標

分子間相互作用に関する理解、結晶相反応に関する理解ができる。また、それらの理論的側面、実際の例について理解できる。

実務経験のある教員等による授業科目等

-

キーワード

結晶構造、分子構造、X線、構造解析、X線回折、中性子回折

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

毎時間の最後にクイズを行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 結晶化学とは 結晶化学の概要を理解する
第2回 結晶学の基礎 結晶学の基礎を理解する。特に論文での記述について。
第3回 結晶の対称性 結晶中に見られる対称性を理解する
第4回 結晶構造解析 結晶構造解析法の概要を理解する
第5回 ファンデルワールス相互作用 ファンデルワールス相互作用の概念とエネルギーを理解する
第6回 クリスタルエンジニアリング/多形現象 クリスタルエンジニアリングについて理解する。多形・同形現象について理解する。
第7回 多成分結晶 多成分結晶(固溶体、包接結晶、塩、CT化合物)について理解する。
第8回 キラル結晶 キラルな結晶・ラセミ結晶の構造と特徴について理解する。
第9回 混合による固相反応 固体混合による化学反応について理解する。
第10回 コバロキシム錯体の結晶相反応 コバロキシム錯体の結晶相光反応を理解する
第11回 中性子回折法による結晶相反応の追跡 コバロキシム錯体の結晶相光反応を中性子回折法を使って解析した研究を理解する
第12回 反応中間体の結晶構造解析 光による結晶相反応の中間体の結晶解析研究ついて理解する
第13回 フォトクロミズムの結晶構造解析 フォトクロミズムを示す結晶の構造解析研究について理解する
第14回 まとめ これまでのまとめを行う

教科書

「結晶化学」基礎から最先端まで、大橋裕二著(裳華房)
「固体有機化学」、小林啓二著(化学同人)(絶版なので図書館で探してください)
授業中に資料を配布

参考書、講義資料等

授業資料は講義中に配布。必要に応じて参考資料の指定、配布を行う

成績評価の基準及び方法

中間(50%)と期末試験の成績(50%)で評価する

関連する科目

  • CHM.B333 : 結晶化学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特にないが、結晶学の知識は助けになる

このページのトップへ