2019年度 化学専修実験第四   Directed Laboratory Work in Chemistry IV

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
化学コース
担当教員名
指導教員 
授業形態
曜日・時限(講義室)
未定  
クラス
-
科目コード
CHM.L572
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

各研究室において先端的な化学実験を行う。化学実験を通じて,解決すべき課題を設定し、課題解決に向けた計画を立案し、実行して研究の誠実性を理解して課題を解決する。英語も用いて以上の一連の過程を経験することで、化学の研究の仕方を学び身につける。また得られた結果を表現する能力も涵養する。

到達目標

化学分野において、解決すべき課題を設定し、課題解決に向けた計画を立案し、実行し課題を解決する能力を身につける。また得られた結果を英語で表現し伝える能力も涵養する。研究の誠実性を理解する.

キーワード

物理化学、無機・分析化学、有機化学

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

指導教員が別途指示する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 指導教員が別途指示する。 指導教員が別途指示する。

教科書

特に指定しない。

参考書、講義資料等

特に指定しない。

成績評価の基準及び方法

指導教員が別途指示する。

関連する科目

  • CHM.C401 : 物理化学基礎特論
  • CHM.B401 : 無機・分析化学基礎特論
  • CHM.D401 : 有機化学基礎特論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特に指定しない。

このページのトップへ