2019年度 エネルギー理工学オフキャンパスプロジェクト D1c F   Energy Science and Engineering Off-Campus Project D1c F

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
エネルギーコース
担当教員名
指導教員 
授業形態
曜日・時限(講義室)
インターンシップ  
クラス
F
科目コード
ENR.R602
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2019年4月5日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

企業や大学を含む各種機関などが提供するインターンシップなどへの参加を主な対象とし,大学外において新たな知識や能力を修得したり,大学で修得した知識や能力を活用する方法を修得したり,または他大学あるいは他分野において新たな知識や研究アプローチを修得したりする.インターンシップなどの内容は,エネルギーに関する科目として相応しいものに限る.また,事前計画についてはエネルギー理工学プロジェクト(ENR.P601)を履修し事前に修得するものとする.さらにインターンシップ終了後にはその報告会を開催し,これもこの科目の一部として必ず含むものとする.この科目におけるインターンシップなどの期間は,1か月未満を目安とする.

到達目標

次のいずれか又は全てを目標とする.
(1) 大学内では得られにくい知識や能力を修得する,
(2) 大学内で得た知識や能力の活用方法を体験的に修得する.
(3) 他分野他大学において新たな知識や研究アプローチを修得する.

キーワード

インターンシップ、エネルギー理工学

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

インターンシップなどの参加前には,エネルギー工学プロジェクト(ENR.P601)を履修し,その中でインターンシップ計画を立案し,それを基に事前に修得するものとする.インターンシップなどへの参加後は,成果を文書にまとめプレゼンテーションを行ったりすることで報告する.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 インターンシップなどへの参加(1か月未満) 参加計画(別途履修ENR.P601)に基づいてインターンシップに参加する.
第2回 成果報告 成果をまとめて報告する.

教科書

 なし

参考書、講義資料等

 なし

成績評価の基準及び方法

成果報告の内容に基づいて評価する.成果報告は文書形式またはプレゼンテーション形式とする.

関連する科目

  • ENR.P601 : エネルギー理工学プロジェクト
  • ENR.R603 : エネルギー理工学オフキャンパスプロジェクト D2c

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

原則的にはないが,単位履修状況が不十分な場合は,履修を認めないことがある.

その他

 なし

このページのトップへ