2019年度 物理学企画実践第二   Advanced Exercises in Organizing Physics Conferences II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
物理学コース
担当教員名
陣内 修 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
PHY.P625
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年4月3日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

将来主導的に国際研究集会を企画・開催する上で必要となる,専門的な知識・素養を身につけることを目的とする。

到達目標

受講学生が主導的に国際研究集会を立案し,開催案を作成し、会の準備・運営を行う。

キーワード

国際研究集会、プログラム作成、ポスター準備、アナウンス、議長、英語を第一公用語、主導的開催

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

受講学生が開催案を作成する。審査を経て採択された場合には受講者は開催に向けた支援を行う。
こちらのページの指示に従うこと。http://info.phys.sci.titech.ac.jp/leadership/application.html

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 発表者・プログラムの決定,ポスター・電子メイルなどによる広報や当日の運営などの仕事分担の指揮をとる。研究集会当日は原則として英語を第一公用語とする。 集会後は報告書,決算書を作成し提出する。

教科書

特に指定しない。

参考書、講義資料等

特に指定しない。

成績評価の基準及び方法

本集会を実施・運営する上での受講生の貢献度を評価する。

関連する科目

  • PHY.P621 : 物理学派遣プロジェクト第一
  • PHY.P622 : 物理学派遣プロジェクト第二
  • PHY.P623 : 物理学派遣プロジェクト第三
  • PHY.P624 : 物理学企画実践第一
  • PHY.P626 : 物理学企画実践第三
  • PHY.P627 : 物理学プレゼンテーション実践第一
  • PHY.P628 : 物理学プレゼンテーション実践第二
  • PHY.P629 : 物理学プレゼンテーション実践第三

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件を設けない。

このページのトップへ