2020年度 代数学特論H   Advanced topics in Algebra H

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
数学コース
担当教員名
KELLY SHANE ANDREW 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
月5-6(Zoom)  
クラス
-
科目コード
MTH.A504
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

Motivated by Weil's beautiful conjectures on zeta functions counting points on varieties over finite fields, étale cohomology is a theory generalising singular cohomology of complex algebraic varieties. In the first half we give an introduction to the classical theory of étale cohomology. In the second half, we will discuss Bhatt-Scholze's pro-étale topology. For more information see: http://www.math.titech.ac.jp/~shanekelly/EtaleCohomology2020WS.html

到達目標

(1) Obtain overall knowledge on basics in étale cohomology
(2) Understand the relationship between étale topology and Galois theory
(3) Attain understanding of possible applications of étale topology

キーワード

Étale cohomology, homological algebra, Galois theory

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

Standard lecture course

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 The pro-étale topology 講義中に指示する。
第2回 Commutative algebra II 講義中に指示する。
第3回 Homological algebra II 講義中に指示する。
第4回 Homological algebra III 講義中に指示する。
第5回 Topology II 講義中に指示する。
第6回 Functoriality II 講義中に指示する。
第7回 Galois theory II 講義中に指示する。
第8回 Review 講義中に指示する。

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

None required

参考書、講義資料等

Course materials are provided during class.

成績評価の基準及び方法

Learning achievement is evaluated by reports(100%).

関連する科目

  • MTH.A301 : 代数学第一
  • MTH.A302 : 代数学第二
  • MTH.A331 : 代数学続論
  • MTH.A503 : 代数学特論G

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

Basic knowledge of scheme theory (e.g., Hartshorne)

その他

詳細未定

このページのトップへ