2019年度 クリエイティブディスカッション B   Creative Discussion B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
リーダーシップ教育課程
担当教員名
KIYAMA LORINDA ROBERTSON 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火5-6(J234)  
クラス
B
科目コード
TAL.C602
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年4月12日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

複雑な問題に関して、意見や立場の異なる者と対話やディスカッションを行い、多様な考え方について理解を深め、よりよい関係を共に創ることを目指す。そのために必要なコミュニケーションの作法や表現を学ぶ。
テキストをもとに授業で学んだ創造的な葛藤解決・相互理解の方法と表現を、学生が選んだテーマについて話し合いながら練習する。

到達目標

学生が選んだテーマを使って、授業で学んだ創造的な葛藤解決・相互理解の方法を、英語で実践できるようになる。

キーワード

対話、英語、葛藤解決

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

毎週学んだことを振り返り、短くまとめる。また、一つのテーマを選び、授業で学んだ表現やスキルを使って、対話のセリフを書く。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 教科書を扱うBefriending Conflict, pp. 7-21, "Conflict: Friend or Foe?" ディスカッション:福島原発についての詩 対立について読んで、英語で話し合う 福島原発について詩を読む
第2回 教科書を扱うBefriending Conflict, pp. 23-33, "Three Challenges--and Three Keys--to Befriending Conflict" ディスカッション:福島原発について 対立することを歓迎するチャレンジについて読む 学生がディスカッションのテーマを選ぶ
第3回 教科書を扱うConflict: Phases, Forums, and Solutions, pp. 3-20, "The Phases of Deep Democracy" ディスカッション:学生が選んだテーマ 対立することについての態度のphaseについて学び、ディスカッションの中で気づく、学生が選んだテーマについてディスカッションする準備
第4回 教科書を扱うBefriending Conflict, pp. 53-67, "The Inner Theatre of Conflict" ディスカッション:学生が選んだテーマ 自分の中の様々な立場について気づく練習、 学生が選んだテーマについてディスカッションする準備
第5回 教科書を扱うBefriending Conflict, pp. 69-87, "Befriending Inner Opposition" ディスカッション:学生が選んだテーマ 教科書を読み、学生が選んだテーマについてディスカッションする準備
第6回 教科書を扱う Power: A User's Guide ディスカッション:学生が選んだテーマ パワー、ランク(様々な位・上下関係)について読み、学生が選んだテーマについてディスカッションする準備
第7回 教科書を扱うBefriending Conflict, pp. 111-124 ディスカッション:学生が選んだテーマ 様々な環境で行われるいじめについて読み、学生が選んだテーマについてディスカッションする準備
第8回 教科書を扱うMetaskills, Sitting in the Fire ディスカッション:学生が選んだテーマ リーダーのスキルについて読み、学生が選んだテーマについてディスカッションする準備

教科書

Joe Goodbread, Befriending Conflict: How to Make Conflict Safer, More Productive, and More Fun (2010)

参考書、講義資料等

詩集 『わが涙滂々(抄)ーー原発にふるさとを追われて』小島力[著] 野田説子[英訳]西田書店(2017)

Arnold Mindell, Conflict: Phases, Forums, and Solutions (2017)

Arnold Mindell, Sitting in the Fire: Large Group Transformation Using Conflict and Diversity (1995)

Julie Diamond, Power: A User's Guide (2016)

Amy Mindell, Metaskills (2001)

成績評価の基準及び方法

毎週のディスカッションの準備(16%)、毎週のディスカッションの参加(16%)、毎週のディスカッションの反省レポート(32%)、期末に創造的ディスカッションのセリフを作成(36%)

関連する科目

  • TAL.C501 : グローバルライティング
  • TAL.C601 : ストラテジックディベート
  • TAL.C402 : グローバルコミュニケーション
  • TAL.C401 : グローバルプレゼンテーション

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

英語で会話ができること

このページのトップへ