2018年度 グローバルライティング A   Global Writing A

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
リーダーシップ教育課程
担当教員名
石原 由貴 
授業形態
講義
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
火1-2(H117)  
クラス
A
科目コード
TAL.C501
単位数
1
開講年度
2018年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2018年3月20日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

 この講義では、科学技術論文等の英文での執筆に必要な作法や語学力、作文能力を養う。基礎的な作文能力の養成からはじめて、科学技術論文特有の表現等を身に付けるとともに、論旨をわかりやすく表現するための能力を養う。
 リーダーシップ教育課程の一環としてこの科目を履修することにより、読み手のことを考え、論旨が明快で説得力のある英文が書けるようになってほしい。

到達目標

 本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1)適切に構成されたエッセイや論文、パラグラフを書くことができる。
2)文法的に正しい英文を書き、自分の伝えたい内容をわかりやすく読み手に伝えることができる。
3)科学技術論文に特有の表現を使うことができる。

実務経験のある教員等による授業科目等

-

キーワード

作文、構成、文法、説得力

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

エッセイや論文の構成方法や表現についての講義の後、授業時間内および授業時間外に英語でショートエッセイや論文形式の作文を書き、授業中にそれを互いに検討しながら、よりよい表現方法を身につける。TOEFLタイプの問題の演習も行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 導入。自分の研究を紹介する手紙と履歴書の書き方 読み手にとってわかりやすい書き方を理解する
第2回 エッセイの構成。thesis statementとそれを支えるパラグラフ ショートエッセイを書く
第3回 エッセイの修正。チェックリスト。文法の演習問題 自分で原稿を修正できるようになる
第4回 論文の書き方:イントロダクション イントロダクションを書く
第5回 論文の書き方:実験方法 実験方法のセクションを書く
第6回 論文の書き方:結果 結果のセクションを書く
第7回 論文の書き方:考察 考察のセクションを書く
第8回 まとめ。試験

教科書

なし

参考書、講義資料等

授業中にハンドアウトを配布する。

成績評価の基準及び方法

授業中の発言、参加度: 30%
課題: 50%
期末試験: 20%

関連する科目

  • TAL.C401 : グローバルプレゼンテーション
  • TAL.C402 : グローバルコミュニケーション

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ