サービスイノベーション論   Service Innovation

文字サイズ 

担当教員
日高 一義 
使用教室
月9-10(CIC913)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
36055
シラバス更新日
2011年9月29日
講義資料更新日
2011年9月20日
学期
後期

講義概要

 エネルギー、環境、交通、医療、福祉などのSocial Service Systemにおける問題解決とイノベーション、ネットワーク社会における新規サービス・ビジネスの創出、企業におけるサービスの研究開発戦略と実践、製 造業におけるサービス化戦略と実践、サービス産業の生産性・質の向上などサービスイノベーションは今後の日本の経済・社会大きな影響を当たれると 思われる。 
 サービスイノベーション論では、多岐にわたるサービスのイノベーションに科学的に対応し実践していくための基礎となる方法論、および そこから導き出される知見に関して、日本、海外の研究事例をもとに論じる。

講義の目的

エネルギー、環境、交通、医療、福祉などのSocial Service Systemにおける問題解決とイノベーション、ネットワーク社会における新規サービス・ビジネスの創出、企業におけるサービスの研究開発戦略と実践、製 造業におけるサービス化戦略と実践、サービス産業の生産性・質の向上などサービスイノベーションは今後の日本の経済・社会大きな影響を当たれると 思われる。
サービスイノベーション論では、多岐にわたるサービスのイノベーションに科学的に対応し実践していくための基礎となる方法論、および そこから導き出される知見に関して、日本、海外の研究事例をもとに論じる。

講義計画

(予定)
日本におけるサービスイノベーションの課題
サービスイノベーションのパターン
サービスイノベーションを支える理論
サービスの複雑度
サービス品質ギャップとテクノロジー
知識主導サービスビジネスの出現とその役割
公的サービスとビジネスサービス: 差異と社会における役割
製造業のサービス化
ソーシャルネットワーク・サービスとサービスイノベーション
IT企業のサービス戦略
科学的・工学的手法によるサービスへのアプローチ

教科書・参考書等

- サービス産業におけるイノベーションと生産性向上に向けて」報告書、サービス産業のイノベーションと生産性に関する研究会、平成19年4月、経済産業省 商務情報政策局
- Ian Miles, Patterns of Innovation in Service, IBM Systems Journal, Vol.47, No.1, 2008
- John Besant and Andrew Davies, Managing Service Innovation, DTI Occasional Report No.9, (http://www.bis.gov.uk/files/file39965.pdf)
- Abernathy, W. J. and Utterback, J. M. “Patterns of Industrial Innovation”, Technology Review, 80(7), 40-47, 1978
- Barras R. “Towards a Theory of Innovation in Services”, Research Policy,15(4), 161-173, 1986 (Reverse Product Life Cyclye)
- Hayes, R.H., and Wheelwright, S.C. , Restoring our Competitive Edge: competing through manufacturing, John Wiley & Sons, New York., Hayes & Wheelwright, 1984 (Product Process Matrix)
- Pavitt, K. (1984) “Patterns of technical change: towards a taxonomy and a theory”, Research Policy, 13, 343-373.
- Miozzo, M. and Soete, L. “Internationalisation of services: a technological perspective”, Technological Forecasting and Social Change, 67, 159-185.
- Hetrog P.D., KNOWLEDGE-INTENSIVE BUSINESS SERVICES AS CO-PRODUCERS OF INNOVATION, International Journal of Innovation Management, Vol. 4, No. 4 (December 2000) pp. 491–528
- Bruce Tether and Jeremy Howells, Changing Understanding of Innovation in Services, DTI Occasional Report No.9, (http://www.bis.gov.uk/files/file39965.pdf)
- Stephen L. Vargo, Robert F. Lusch, “Evolving New Dominant Logic for Marketing”, Journal of Marketing, Vol. 68, January 2004
- Scott E. Sampson, The Unified Service Theory -A Paradigm for Service Science, Handbook of Service Science, pp. 107- 131, Springer, 2010
- William B. Rouse and Rahul C. Basole, Understanding Complex Product and Service Delivery Systems, Handbook of Service Science, pp. 461- 480, Springer, 2010
- Mary Jo Bitner, Technology’s Impact on the Gaps Model of Service Quality, Handbook of Service Science, pp. 197- 218, Springer, 2010
- Ian Miles and Nikos Kastrinos, KNOWLEDGE-INTENSIVE BUSINESS SERVICES -Users, Carriers and Sources of Innovation, A report to DG13 SPRINT-EIMS, Manchester University, 1995
- Ian Miles, Knowledge Intensive Services’ Suppliers and Clients Ministry of Trade and Industry, Finland, Studies and Reports, 2003
- Hetrog P.D., KNOWLEDGE-INTENSIVE BUSINESS SERVICES AS CO-PRODUCERS OF INNOVATION, International Journal of Innovation Management, Vol. 4, No. 4 (December 2000) pp. 491–528
- Thomas Halvorsen, Johan Hauknes, Ian Miles and Rannveig Røste,, Differences between public and private sector innovation, Publin Report No. D9, EU, 2005
など

関連科目・履修の条件等

特になし

成績評価

出席、講義での活動状況、最終レポート、を総合的に判断して、評価する。

担当教員の一言

大変に新しい分野です。 確立されたテキストを使うのではなく、過去、および最新の論文、書籍を駆使して新しい分野に挑みます。毎回、読むべき課題もでますが、「新しい分野に挑む」という学生諸君の意気込みを期待します。

連絡先(メール、電話番号)

イノベーションマネジメント研究科 日高一義
Tel: 03-3454-8946, 090-4544-1307
Email: hidaka.k.ac@m.titech.ac.jp

オフィスアワー

月曜日 講義終了後~20:00
キャンパスイノベーションセンター9階908S

このページのトップへ