先進情報材料特論   Advanced Materials in Information Technologis

文字サイズ 

担当教員
加藤 隆志 
使用教室
集中講義等   
単位数
講義:1  演習:0  実験:0
講義コード
89129
シラバス更新日
2014年10月21日
講義資料更新日
2014年10月7日
アクセス指標
学期
後期

講義概要

本講義では、情報の記憶、変換、表示、保存をはじめとする様々な情報技術の中で取り扱われる高度な機能をもつ先進的な有機材料および無機材料の中から、銀塩カラー写真、追記型光ディスクおよび液晶ディスプレイに用いる素材を取り上げて、それらの機能発現の仕組みと設計の考え方を、実デバイスの特性と関連付けて解説する。

講義の目的

本講義では、高度な機能をもつ先進的な有機材料の機能発現の仕組みと設計の考え方を、実デバイスの特性と関連付けて理解することを目的とする。

講義計画

2014年度

<11月5日>(13:20~16:35)
1.「画像情報記録技術」
 1-1.画像情報記録技術
  ・概説と歴史
  ・銀塩写真における感光プロセス
  ・銀塩カラー方式とインクジェット方式の比較
  ・銀塩カラー方式とデジタルカメラ方式の比較
 1-2.銀塩カラー写真
  ・色素形成法カラー写真(ネガポジ)の原理と素材
  ・色素拡散転写法カラー写真の原理と素材
  ・写真フィルムの製造工程紹介(DVD)
 1-3.実習
  ・光の3色分解実験

<11月12日>(13:20~16:35)
2.「機能性色素の開発」
 2-1.機能性色素概論
  ・色素における光化学の基礎
  ・機能性色素の用途と歴史
  ・構造式に基づいた物性の理解
 2-2.分光増感色素
  ・分光増感色素の基礎(マーカスの電子移動論)
  ・色素会合体の制御技術
 2-3.実習
  ・インスタントカメラ「チェキ」のフィルム分解

<11月19日>(13:20~16:35)
3.「機能性色素の開発」
 3-1.追記型光ディスク用色素
  ・光ディスクの原理と歴史
  ・高耐久性色素の開発
 3-2.2色性色素
  ・2色性色素の原理
  ・高オーダーパラメーター色素の開発
 3-3.実習
  ・ロイコ染料を用いた発色実験

<12月3日>(13:20~16:35)
4.「液晶ディスプレイ用材料」
 4-1.ディスプレイ技術
  ・ディスプレイ技術の概要
  ・液晶ディスプレイの原理と構成
 4-2.液晶材料
  ・液晶材料の概説
  ・ディスコティック液晶を用いた光学フィルムの開発
 4-3.実習
  ・偏光板を用いた光の実験

教科書・参考書等

担当教員が作成した資料を用いる。
参考書として、写真学会編「写真工学の基礎:銀塩写真編」コロナ社(1996)、「機能性色素の応用」(株)シーエムシー出版(2002)、「機能性色素の科学」(株)化学同人(2013)。

関連科目・履修の条件等

特になし

成績評価

レポートと出席によって総合的に評価する。

担当教員の一言

化学反応を利用した光情報記録材料および画像形成材料の開発例を挙げて有機化学の基礎から解説します。

このページのトップへ