メカノマイクロ工学基礎実験   Experiments in Mechano-Micro Engineering

文字サイズ 

担当教員
柳田 保子 
使用教室
金1-8  
単位数
講義:0  演習:0  実験:4
講義コード
83032
シラバス更新日
2009年7月30日
講義資料更新日
2009年7月30日
学期
前期

講義概要

メカノマイクロ工学の解析・設計・計測・制御等に必要な基礎的な実験技術を修得させる。実験内容はパラレルロボットの機構解析と制御,ネットワーク援用計測系の構成,プロセス制御,電気泳動による核酸の検出,振動・音響計測とFFTによる処理、電子線描画によるマイクロ構造の製作,空気圧位置決めサーボシステムの動特性,マイクロ放電加工機を用いたサンプル製作,超精密ダイヤモンド切削加工,基礎加工技術。

講義の目的

メカノマイクロ工学分野に必要な制御,計測,および加工等に関する基礎的な実験技術を修得させる.

講義計画

1.パラレルロボットの機構解析と動作実験
2.超精密位置決めサーボ系の制御系設計
3.空気圧位置決めサーボシステムの動特性
4.プロセス制御
5.電気泳動法と核酸検出への応用
6.振動・音響計測とFFTによる処理
7.電子線描画によるマイクロ構造の製作
8.マイクロ放電加工機を用いたサンプル製作
9.超精密ダイヤモンド切削加工
10.基礎加工技術

教科書・参考書等

専攻ホームページより電子ファイル形式のテキストをダウンロードする.

成績評価

各実験終了後1週間以内にレポートを提出する.

担当教員の一言

必必修科目であることを忘れずに,頑張って頂きたい.

このページのトップへ