微小重力利用物質科学   Microgravity Materials Sciences

文字サイズ 

担当教員
依田 眞一 
使用教室
集中講義等   
単位数
講義:1  演習:0  実験:0
講義コード
97009
シラバス更新日
2009年7月30日
講義資料更新日
2009年7月30日
学期
前期

講義概要

微小重力環境を利用した材料科学(準安定相物質,結晶成長(高品質半導体,蛋白結晶など)),流体科学(マランゴニ対流,沸騰現象など),燃焼科学(液滴燃焼など)などの最先端科学と宇宙実験を行う為の実験技術及び宇宙ステーションなどの実験手段について詳述する。

講義の目的

】宇宙空間の特徴の一つである微小重力を利用して、結晶成長、複合材料、
などのマテリアルプロセッシング、あるいは液体拡散現象、生体高分子の結晶成長機構、
準安定相の物理現象の解明などに関して詳説すると共に、地上研究及び落下塔、航空機、
小型ロケットなどの短時間微小重力実験手段及び宇宙ステーション等の軌道上実験手段
について説明する。

講義計画

1.宇宙環境と微小重力利用
2.微小重力利用物質科学とは
3.微小重力利用と流体、凝固、結晶成長、タンパク質結晶成長、燃焼及び材料製造
4.微小重力実験手段
5.微小重力実験技術

教科書・参考書等

担当教官が作成したオリジナル資料を使用。

関連科目・履修の条件等

無し。

成績評価

微小重力実験提案の口頭発表及び出席点による評価。

担当教員の一言

宇宙という特異な環境としての微小重力を利用した研究などについて研究領域、手法
を理解し、宇宙ステーション等の微小重力環境を利用した優れた科学的成果の創出につ
ながることを期待する。

このページのトップへ