物性物理化学特論   Thermophysical Properties of Materials

文字サイズ 

担当教員
松下 伸広 
使用教室
月1-2(G113)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
95018
シラバス更新日
2010年9月20日
講義資料更新日
2010年9月20日
学期
後期

講義概要

主として磁性材料について,シュレディンガーの方程式など量子力学の復習から始め,結晶場における電子状態,スピン相互作用を経て,各種磁性の特徴の理解へ進む。

講義の目的

主として磁性材料について、シュレディンガーの方程式など量子力学 の復習から始め、結晶場における電子状態、スピン相互作用を経て、各磁性の特徴の理解へ進む。

講義計画

1.熱と温度、物質化学の基礎
2.熱力学の法則
3.1次相転移と2次相転移
4.格子振動、アインシュタインモデルとデバイモデル
5.ガラス状態、複素熱容量
6.分子結晶、柔粘性結晶と液晶
7.新機能物質、新材料における構造と物性の相関
8.量子力学の復習
9.シュレディンガー方程式
10.角運動量と量子数
11.結晶場とd電子
12.分子軌道と交換作用
13.磁性の分子磁界理論I 常磁性と強磁性
14.磁性の分子磁界理論II 反強磁性とフェリ磁性

成績評価

期末および中間試験を行う。また提出レポートと出席を考慮し、採点を行う。

このページのトップへ