上級ミクロ経済学II   Advanced Microeconomics II

文字サイズ 

担当教員
大和 毅彦 
使用教室
火5-6(W9-402)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
68030
シラバス更新日
2011年9月20日
講義資料更新日
2012年1月17日
学期
後期

講義の目的

 大学院レベルのミクロ経済学について講義を行う.内容は,生産者行動の理論,一般均衡理論,公共財,外部性,社会選択理論,メカニズム・デザインなど.

講義計画

A. 生産者行動の理論
B. 一般均衡理論
C. 公共財
D. 外部性
E. 社会選択理論
F. メカニズム・デザイン

教科書・参考書等

テキスト:
Varian, H.R., Microeconomic Analysis, 3rd edition, Norton, 1992(第2版の日本語訳:ハル R.ヴァリアン「ミクロ経済分析」勁草書房).

他に適宜必要に応じて指示する.

参考書:
石井・西条・塩沢 「入門・ミクロ経済学」 (有斐閣、1995年)
武隈愼一 「ミクロ経済学」(新世社,1999年)
西村和雄 「ミクロ経済学」 (東洋経済新報社,1990年)
Mas-Collel, A., M.D. Whinston, and J.R. Green, Microeconomic Theory, Oxford University Press, 1995.

関連科目・履修の条件等

 上級ミクロ経済学Iと上級非協力ゲーム理論を履修済みか,これらの講義内容について十分な知識を持っていることを前提とする.

成績評価

 試験(2回の予定)(80%)と宿題(20%)をもとに評価する.

担当教員の一言

 やる気のある人を歓迎します.

このページのトップへ