多文化共生社会論   Global knowledge and skills for diverse and sustainable society

文字サイズ 

担当教員
江川 緑 
使用教室
金3-4(W9-910 seminar room)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
66031
シラバス更新日
2015年2月12日
講義資料更新日
2015年2月12日
学期
前期

講義概要

グローバル化の進展に伴い、ヒトの国際的移動はますます加速化し、多様な文化的背景を持つ人々との共生は、現代社会にとって避けて通ることの出来ない重要な課題となっています。本講義では、多文化・多様性の共生に関する基礎知識を、異文化コミュニケーション、多文化間メンタルヘルス、組織行動論などの分野から学際的に学習し、あわせて体験学習・グループワークを通して、多文化共生に必要なスキルの修得をめざします。

講義の目的

多文化共生社会について、異文化コミュニケーション、多文化間メンタルヘルス、組織行動論などの分野から学際的に学習し、グローバル時代を生き抜くために必要な知識とスキルの修得をめざします。

講義計画

01.  0411(金) 授業オリエンテーション、国際的移動・共生概念、授業アンケート
02. 0418(金) 授業アンケートフィードバック 文化とコミュニケーション(1) 
03. 0425(金) 文化とコミュニケーション(2)、
04. 0502(金) フィールドワーク(FW)入門(体験学習グループ分けを含む)
05. 0509(金) 体験学習:ミニFW実施 
06. 0523(金) フィールドノーツ確認作業と発表  
07. 0530(金) 文化とストレス(異文化ストレスマネジメント)
08. 0606(金) 国際キャリア
09. 0613(金) FW「日本の社会と多文化共生」解説と課題検討  
10. 0620(金) 文化と組織行動論(1) 組織文化・国民文化*
11. 0627(金) 文化と組織行動論(2)マルチカルチャーチームと異文化シナジー* 
12. 0704(金) 文化と組織行動論(3) グローバルリーダーシップ*
13. 0711(金) FW「日本における多文化共生の現状と課題」分析とグループディスカッション
14. 0718(金) 最終発表(1)
15. 0725(金) 最終発表(2)・まとめ
*フィールドワークデータのグループ作業あり

教科書・参考書等

必要に応じて紹介します。

関連科目・履修の条件等

特にありません。価値システム専攻以外のみなさんも参加出来るよう、参加者のフィードバックを活かしながらフレキシブルに進行の予定です。

成績評価

授業・グループワークへの参加・貢献とレポートで総合的に評価。

このページのトップへ