環境数値シミュレーション2   Numerical Simulation of Environments 2

文字サイズ 

担当教員
鼎 信次郎  鍵 直樹  中村 隆志  神田 学  灘岡 和夫  久保田 尚之  SAAVEDRA VALERIANO OLIVER CRISTIAN  芳村 圭  八木 宏  小林 晃  畑 恭子  関根 雅彦  横畠 徳太  森野 悠  笹井 義一 
使用教室
金5-6(W831)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
77046
シラバス更新日
2014年10月8日
講義資料更新日
2014年12月1日
アクセス指標
学期
後期

講義概要

前期の「環境数値シミュレーション1」に引き続き,下記の内容について講述する。

1.大気環境 (都市・地域規模大気環境)
2.水圏環境 (陸水,沿岸,地下水環境)
3.地球環境 (地球規模海洋・大気・陸面システム)

講義の目的

様々な要素からなる複雑系としての環境システムの定量的な理解や予測には,数値シミュレーションが不可欠なツールになる.「環境数値シミュレーション2」では, 前期の「環境数値シミュレーション1」に引き続き,下記の内容について講述する.

大気環境(都市・地域規模大気環境)
水圏環境(陸水,沿岸,地下水環境)
地球環境(地球規模海洋・大気システム)

講義計画

 1)10月 3日: 全体ガイダンス   鼎 信次郎 
           都市・地域規模大気環境1(大気汚染の数値シミュレーション)
            (独)国立環境研究所 森野 悠
 2)10月15日(水): 予備
 3)10月17日: 都市・地域規模大気環境2(メソ・マイクロ気象のシミュレーション
            国際開発工学専攻 神田 学
 4)10月24日: 都市・地域規模大気環境3(水の同位体のシミュレーション)
            東京大学大気海洋研究所 芳村 圭
<沿岸・地下水・地表水環境>
 5)10日31日: 地下水環境
            関西大学環境都市工学部都市システム工学科 小林 晃
 6)11月 7日: 地表水環境
            土木工学専攻 Oliver Saavedra
 7)11月14日: 沿岸環境1(サンゴ礁生態系における環境応答モデルの開発と応用)
            情報環境学専攻 中村 隆志
 8)11月21日: 沿岸環境2・陸水環境(沿岸資源動態の数値シミュレーション)
            山口大学工学部社会建設工学科 関根 雅彦
 9)11月28日: 沿岸環境3(浅海域の生態系モデル構築と適用)
            いであ㈱ 国土環境研究所 畑 恭子
10)12月 5日: 沿岸環境4(沿岸海域の波と流れの数値シミュレーション)
            水産総合研究センター・水産工学研究所 八木 宏
<地球規模環境>
11)12月12日: 地球環境1(地球温暖化のシミュレーション)
            (独)国立環境研究所  横畠 徳太
12)12月19日: 予備
13) 1月 9日: 地球環境2(全球非静力学大気モデルによる熱帯大気のシミュレーション)
            情報環境学専攻連携准教授(海洋研究開発機構)久保田 尚之
14) 1月23日: 地球環境3(地球規模海洋システムにおける生態系モデリング)
            (独)海洋研究開発機構・地球環境観測研究開発センター 笹井 義一
15) 1月30日: 地球環境4(地球規模水資源・水災害のシミュレーション)
            土木工学専攻 鼎 信次郎

教科書・参考書等

なし

参考書等
なし

関連科目・履修の条件等

なし

成績評価

講義出席:約2割、レポート:約8割

その他

【講義室】西8号館3階W831号室

このページのトップへ