JAVAプログラミング演習   JAVA Programming

文字サイズ 

担当教員
原 精一郎  小野寺 栄吉 
使用教室
水5-6(大岡山情報ネットワーク演習棟)  
単位数
講義:0  演習:1  実験:0
講義コード
77058
シラバス更新日
2013年3月21日
講義資料更新日
2013年7月16日
アクセス指標
学期
前期

講義概要

開発環境Java 2 SDKを用いて,プログラミング技術・アプリケーション作成の基礎を学ぶ。また,基礎的なサンプルソフトウエアに沿ってプログラミング技法を学び,Java言語を使用して実践する。これらを通して,Java プログラミングの基礎及びGUIアプリケーション開発を理解し,独力でアプリケーションが作成可能になることを目標とする。

講義の目的

開発環境 Java 2 SDK を用いて、プログラミング技術・アプリケーション作成の基礎を学ぶ。また、基礎的なサンプルソフトウエアに沿っ
てプログラミング技法を学び、 Java 言語を使用して実践する。これらを通して、 Java プログラミングの基礎及び GUI アプリケーション
開発を理解し、独力でアプリケーションが作成可能になることを目標とする。

【H19年度開講日程(全7週)】

第1週:6月6日(水)
第2週:6月13日(水)
第3週:6月20日(水)
第4週:6月27日(水)
第5週:7月 4日(水)
第6週:7月11日(水)
第7週:7月18日(水)

講義計画

1. クラス定義とインスタンス生成
2. フィールドとメソッド
3. パッケージのインポートおよび作成
4. アプレットとアプリケーション
5. 例外処理
6. 変数
7. イベント処理
8. JAVA2D API
9. マルチスレッド
10. 画像およびアフィン変換
11. 総合演習

教科書・参考書等

参考書等
「なぜ、あなたはJavaでオブジェクト指向開発ができないのか―Javaの壁を克
服する実践トレーニング」小森裕介著,技術評論社

関連科目・履修の条件等

「オブジェクト指向設計法」と合わせて履修することが望ましい.

成績評価

出席とレポートにより総合的に評価する.

担当教員の一言

後学期の「情報環境プロジェクト」を「ソフトウェアシステム開発コース」で履修する予定の学生は必ず履修して下さい.

このページのトップへ