マルチメディア情報処理論   Multi-media Information Processing

文字サイズ 

担当教員
亀井 宏行  齋藤 豪 
使用教室
金1-2(W833)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
76009
シラバス更新日
2011年3月23日
講義資料更新日
2011年3月23日
学期
前期

講義概要

画像音声情報の分折,圧縮のためデジタル信号処理技法,画像音声認識のための特徴抽出,パターンマッチング手法について学ぶ。

講義の目的

画像音声情報の分析,圧縮のためのデジタル信号処理技法,画像音声認識のための特
徴抽出,パターンマッチング手法について学ぶ.

講義計画

1. 音声信号の構造と人の音声知覚の特性
2. 音声の前処理:窓,相関行列,スペクトラム,ケプストラム
3. 音声合成モデル:声道モデル,格子型フィルタ,線形予測モデル
4. 画像の符合化技術:情報圧縮の原理,DCT,ファクシミリの情報圧縮
5. 音声の符合化技術:適応量子化,適応符合化,ベクトル量子化
6. 画像,音声の知的符合化
7. 多重解像度とWavelet 変換
8. パターンマッチングと弛緩法
9. 部分空間法とその変形,判別分析
10. 音声の特徴抽出と心理的に妥当な近さの尺度
11. 音声のDPマッチング
12. マルコフモデルと隠れマルコフモデル
13. 画像の強調,二値化,エッジ抽出,線分抽出,ゼロクロッシング,プライマルスケッチ
14. 表面の認識とステレオマッチング(2 + 1=2D スケッチ)
15. 動画の分析:方向選択性,対応付け,オプティカルフロー

教科書・参考書等

参考書等
1. 信号・画像のディジタル処理,有本卓著,産業図書,1980
2. マルチメディア工学,中嶋正之編,昭晃堂,1994
3. Morphological Methods in Image and Signal Processing C.R. Giardina and E.R. Dougherty
著,Prentice Hall,1988

関連科目・履修の条件等

←数値計算法(学部),情報認識(学部)
→コンピュータグラフィクス

成績評価

期末レポートにより評価する

担当教員の一言

特になし

その他

知識ユニット
適応量子化,DCT, 適応符合化,ベクトル量子化等の画像・音声の符合化技術,有
声音,無声音,ピッチ,ホルマント等の音声信号の構造,スペクトラム,線形予測モ
デル,メル尺度,マスキング,音声符合化技術,コンピュータビジョンの画像分析諸
手法,画像,音声の知的符合化技術,Wavelet 変換,部分空間法による画像認識,隠
れマルコフモデル,音声のDPマッチング,ステレオマッチング,動画の分析

このページのトップへ