生物活性分子設計   Molecular Design of Biological Importance

文字サイズ 

担当教員
占部 弘和 
使用教室
 
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
79010
シラバス更新日
2009年7月30日
講義資料更新日
2009年7月30日
学期
前期

講義概要

方法論および合成ターゲットの両面から,生物活性化合物合成の最近の進歩について解説する。また,合成を基盤とする構造活性相関やケミカルバイオロジーの知見によって,いかに薬剤が開発されるか解説する。

講義の目的

方法論および合成ターゲットの両面から,生物活性化合物合成の最近の進歩について解説する。また,合成を基盤とする構造活性相関やケミカルバイオロジーの知見によって,いかに薬剤が開発されるか解説する。

このページのトップへ