情報生命グローバルディベート   Global Debate on Computational Life Sciences

文字サイズ 

担当教員
山口 雄輝  Kyota Ko  S.Matthew Gillett  George Gray  K. Yoshimi Saito  Derek Yakiwchuk  Akira Sato  Chu Ray 
使用教室
集中講義等   
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
78112
シラバス更新日
2015年2月12日
講義資料更新日
2015年2月12日
学期
後期

講義概要

ACLSが本コースのために作成したテキストを用い、一流の英語教師が、討論に必要な基本表現を教えます。英語科学雑誌記事を用いて応用力を身につけたり、模擬討論システムを用いて自分の意思を伝えたり、相手の意見に対して賛成や反対の意思をスムーズに伝える技術の習得をサポートします。このコースの前に情報生命グローバルコミュニケーションAまたはBを受講してください。
This course aims to develop skills for debate in English. The instructors are well-trained native English teachers and will provide a practical English training program, using an original ACLS textbook. Students will study with others at a similar skill level in a small class setting. In each class, students will debate on a hot topic in scientific fields to learn skills in organizing your thoughts and stating them in effective manner. Students are required to take Global Communication on Computational Life Sciences A/B before this course.

講義の目的

本講義は、British Parliamentaryスタイルのディベートを英語でできる能力の涵養を目的としています。科学技術に関するホットなトピックを題材に用いて、考えを整理し、説得力をもって話す技術を学びます。
This course aims to develop skills for debate in English in the British Parliamentary style. Students will debate on a hot topic in scientific fields to learn skills in organizing your thoughts and stating them in effective manner.

講義計画

教科書は各章が各講義に対応しています。教科書に沿って、テーマごとに講義が進められます。予め出された課題を用意して講義に臨んで下さい。
The detail of this course can be found at the ACLS's website (http://www.acls.titech.ac.jp/).

教科書・参考書等

ACLS's original textbook

関連科目・履修の条件等

本科目を履修する前に、情報生命グローバルコミュニケーションAまたはBを履修してください。また、本科目の履修には事前登録が必要です。
Students are required to take Global Communication on Computational Life Sciences A/B before this course. Pre-registration is required to take this course. The preregistration form is available at the ACLS's website (http://www.acls.titech.ac.jp/).

成績評価

There is a final examination in the last class by the instructors.

このページのトップへ