生体分子科学特論(清華大学)   Advanced Bio-molecule Science

文字サイズ 

担当教員
王 ショウ  山口 雄輝 
使用教室
清華大  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
78070
シラバス更新日
2010年3月22日
講義資料更新日
2010年3月22日
学期
前期

講義概要

本講義では、再生医学の基礎となる生体材料や生医学を解説する。
生体組織の解剖学・組織学・生理学・病理学・生化学をMacroとMicroとの相関性・相補性を中心に解説する。さらに生体組織と接触する各種人工臓器、Drug Delivery System、遺伝子治療、再生医療等々の医用高分子の生体適合性・生体機能性並びに設計論を解説する。また、各種臓器・組織・細胞等の有する機能及びこれらの制御と利用、更に人工的にsimulationについても概説する。

講義の目的

本講義では、再生医学の基礎となる生体材料や生医学を解説する。
生体組織の解剖学・組織学・生理学・病理学・生化学をMacroとMicroとの相関性・相補性を中心に解説する。さらに生体組織と接触する各種人工臓器、Drug Delivery System、遺伝子治療、再生医療等々の医用高分子の生体適合性・生体機能性並びに設計論を解説する。また、各種臓器・組織・細胞等の有する機能及びこれらの制御と利用、更に人工的にsimulationについても概説する。

講義計画

1.生体材料とは
2.医用材料から生体材料へ
3.身体の情報伝達と恒常性
4.細胞社会と細胞外matrix
5.生体材料と生体適合性
6.血液適合材料の設計と開発
7.細胞認識材料
8.生体材料の開発とBiomimetic
9.人工肝臓、Bio人工肝臓
10.再生医療と生体材料
11.DDS,遺伝子治療と生体材料

教科書・参考書等

「生体機能材料学ー人工臓器・組織工学・再生医療の基礎」(バイオテクノロ
ジー教科書シリーズ12 コロナ社)と、文献等。

関連科目・履修の条件等

輝く個性と意欲を持って参加して欲しい。

成績評価

出席、report、presentation

担当教員の一言

この分野を専門にする人もしない人も21世紀の大きなBiomediicalの流
れとなる再生医療、Drug(DNA) Delivery System、人工臓器の基礎をなす
生体材料を勉強して欲しい。

このページのトップへ