量子ビーム工学   Quantum Beam Engineering

文字サイズ 

担当教員
服部 俊幸  赤塚 洋  林崎 規託 
使用教室
火5-6(原輪-1 North No.2 5F-571)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
71025
シラバス更新日
2010年3月22日
講義資料更新日
2010年3月22日
学期
前期

講義概要

各種高エネルギー粒子ビームをうるために,イオン源をはじめとし荷電粒子の加速および荷電状態変換をふくめた粒子加速の基本原理に関する加速器物理を講義する。さらにレーザーの基本原理,工学上の諸問題,その応用に関しても講述する。また,種々の量子ビームを用いた物質変換および物質属性の変換をはじめ,その利用,応用について述べる。

講義の目的

各種高エネルギー粒子ビームを得るために、イオン源をはじめ荷電粒子の加速及び荷電変換をふくめた粒子加速の基本原理に関する加速器物理を講義し、さらに加速粒子を利用した高エネルギー光量子ビーム発生に関しても述べる。また、光量子ビームとしてのレーザー発生の基礎について講述する。

講義計画

01.レーザー基礎
02.誘導放出
03.光共振器理論
04.レーザーシステムの動作特性
05.レーザーの制御法
06.各種レーザー
07.粒子加速器の概論と分類
08.粒子加速器の基本原理
09.粒子の軌道解析
10.粒子の収束、発散レンズ系の解析
11.イオン源とイオンの荷電変換
12.静電加速器、線形加速器
13.サイクロトロン、シンクロトロン
14.その他の粒子加速器
15.粒子ビームによる利用分野と応用加速器

教科書・参考書等

特になし

参考書等
01.Principles of Cyclic Particle Accelerators, John J. Livingood 著、D. Van Nostrand Company, Inc. 1961.
02.Charged Particle Beams, Stanley Humphries, Jr.著、John Wiley & Sons, INC. 1990.
03.Amnon Yariv著、「光エレクトロニクスの基礎」丸善、1974

関連科目・履修の条件等

特になし

成績評価

授業出席、レポート

このページのトップへ