岩盤工学   Rock Mechanics

文字サイズ 

担当教員
伊藤 洋 
使用教室
金5-6(M112)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
61031
シラバス更新日
2013年4月18日
講義資料更新日
2013年3月21日
学期
前期

講義概要

各種土木構造物の基礎となる岩盤の力学性状ならびに岩盤解析法等について論ずる。

講義の目的

各種土木構造物の基礎となる岩盤の力学性状ならびに岩盤解析法等について習得する。
1.岩盤の力学特性 2.地圧の特徴 3.岩盤の解析 4.岩盤の挙動 5.岩盤解析法 6.ケーススタディー

講義計画

1.岩盤工学講義概要、地質構造と岩盤の特徴
2.岩盤構造物と岩盤不連続面の特徴・表示
3.岩盤構造物と岩盤分類
4.原位置岩盤試験法-(その-1)-
5.原位置岩盤試験法-(その-2)-
6.岩盤の工学的性質-岩盤の強度・強度特性-
7.岩盤の工学的性質-岩盤の不連続面の力学特性-
8.岩盤の動的特性-原位置調査・試験及び室内試験法-
9.岩盤の安定解析法(連続体、等価連続体及び不連続体の解析手法)の概要
10.岩盤の不連続体解析手法の適用事例
11.事例-1 地滑りと岩盤斜面
12.事例-2 大型構造物基礎(ダム基礎、大型橋梁・原子力発電所基礎地盤)
13.事例-3 大規模地下空洞(地下発電所空洞、岩盤空洞内貯蔵)
14.事例-4 放射性廃棄物処分と岩盤工学における課題
15.事例-5 CO2地中貯留と岩盤工学における課題、ほか

教科書・参考書等

・川本朓万・吉中龍之進・日比野敏;土木学会編新体系土木工学20「岩盤力学」、技報堂、1985年10月
・岩の力学委員会;「岩の工学的性質と設計・施工への応用」、土質工学会、昭和60年2月

関連科目・履修の条件等

なし

成績評価

成績は原則として、授業中に行う小テストの採点により行う

このページのトップへ