ロータダイナミクス   Rotor Dynamics

文字サイズ 

担当教員
高原 弘樹 
使用教室
金5-6(I122)  
単位数
講義:1  演習:0  実験:0
講義コード
40126
シラバス更新日
2014年10月10日
講義資料更新日
2013年9月20日
学期
後期

講義の目的

回転機械の基本的な振動特性を有する基本ロータを対象に,前向き・後ろ向きのふれまわり,危険速度,自動調心作用,釣り合わせ,ジャイロ効果,第2種の危険速度等について講述する.

講義計画

1. 基本ロータ: 座標系,変位の複素数表示
2. ふれまわり振動,危険速度,自動調心作用
3. 後ろ向きのふれまわり振動
4. 釣り合わせ
5. ジャイロ効果を考慮したロータの振動特性
6. 円板・矩形板の理論振動モード解析と強制振動解
7. 第2種の危険速度

教科書・参考書等

特になし.適宜,資料を配布する.

関連科目・履修の条件等

機械力学に関する基本的な知識を習得していることが望ましい.

成績評価

レポート等

担当教員の一言

機械の中で多用されている回転機械の基本的な振動特性を理解し,解析法の基本的な考え方を習得して欲しい.

このページのトップへ