触媒反応特論   Topics in Catalytic Reactions

文字サイズ 

担当教員
岡本 昌樹 
使用教室
火1-2(S423)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
34008
シラバス更新日
2014年9月18日
講義資料更新日
2014年9月18日
学期
後期

講義概要

最新の触媒反応の研究を講義およびゼミ形式で紹介し,研究の方法論を習得させるとともに,触媒反応の基礎と応用を学ぶ。専門用語を習得するとともに,触媒反応の流れを概観する。

講義の目的

最新の触媒反応の研究を講義及びゼミ形式で紹介し、研究の方法論を習得させると共に、触媒反応の基礎と応用を学ぶ。
専門用語を習得するとともに、触媒反応の流れを概観する。

講義計画

酸・塩基触媒反応や、触媒担体としてよく用いられる多孔体などについて講義する。
また、いくつかのトピックスについて受講生が発表し、討論を行う。

教科書・参考書等

資料を配付

関連科目・履修の条件等

特になし

成績評価

出席点,発表,期末試験によって評価する。

このページのトップへ