有機・高分子物質特別講義第一   Special Lecture on Organic and Polymeric Materials I

文字サイズ 

担当教員
彌田 智一  宍戸 厚  福島 孝典  小泉 武昭  冨田 育義  吉沢 道人  竹内 大介  小坂田 耕太郎  山元 公寿  柘植 丈治  谷口 裕樹  長井 圭治 
使用教室
木5-6(S516)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
25501
シラバス更新日
2014年9月18日
講義資料更新日
2014年10月7日
アクセス指標
学期
後期

講義概要

高分子の生成における最近のトピックス,すなわち,遷移金属錯体によるビニルモノマーの立体選択重合,π共役高分子の合成と光,電子機能,主鎖にヘテロ原子を持つ高分子の合成について述べる。

講義の目的

高分子の生成・機能に関する最近のトピックス,すなわちπ-共役高分子の合成と光・電子機能,
高分子液晶及び液晶フォトニクス、主鎖にヘテロ原子を持つ高分子の合成と機能,遷移金属錯体による
ビニルモノマーの立体選択重合及び開環重合などについて述べる。

講義計画

1. 有機金属錯体を用いるπ-共役高分子及び共重合体の合成
2. π-共役高分子のドーピングと導電性,エレクトロクロミズム
3. π-共役高分子の蛍光,発光,非線形光学効果
4. ポリアミン・ホリフォスフィンの合成と機能化
5. ポリシランの合成と光機能
6. ポリカルボシランの合成と電子,光機能
7. ポリシロキサン(シリコーン)
8. 光機能性高分子材料(1):励起状態の関与する諸過程
9. 同(2):液晶フォトニクス材料
10. 同(3):ネマチック液晶の光相転移
11. 同(4):強誘電性液晶の光分極反転
12. 遷移金属触媒による重合(1):遷移金属重合触媒の開発
13. 同(2):錯体触媒によるメチレンシクロプロパンの重合
14. 高分子錯体・高分子触媒

教科書・参考書等

参考書等
参考資料を授業中,随時配布する。

関連科目・履修の条件等

有機・高分子物質特別講義第二と同時に受講することが好ましい。

成績評価

レポートおよび出席数により成績を評価する。

このページのトップへ