高分子物性特論   Advanced Course in Physical Properties of Polymers

文字サイズ 

担当教員
野島 修一  戸木田 雅利 
使用教室
水3-4(S421)  
単位数
講義:2  演習:0  実験:0
講義コード
25004
シラバス更新日
2014年3月18日
講義資料更新日
2014年3月18日
学期
前期

講義概要

高分子孤立鎖の統計,溶液および融体内での高分子鎖の挙動など,主として屈曲性鎖状分子として示す高分子の基礎的静的および動的構造について講述する。

講義の目的

屈曲性鎖状分子としての示す高分子の基本的凝集構造、すなわち、高分子孤立鎖の統計、
溶液中での高分子鎖の静的・動的構造、および、溶融体中での構造と構造形成について解説する。

講義計画

1. 高分子鎖の統計的取扱い…基本的概念
2. 孤立鎖の広がり…理想鎖
3. 孤立鎖の運動…並進・回転・分子内運動
4. 希薄溶液 …溶媒効果、第2ビリアル係数、流体力学的相互作用
5. 準希薄溶液…相関長、スケーリング則
6. 濃厚溶液 I …相図
7. 濃厚溶液 II…自由体積
8. 溶融体…絡み合い鎖の運動、レプテーション
9. 高分子多成分系 …平衡構造と非平衡構造
10. 構造形成のダイナミックス…相転移現象
11. 高分子の構造 …原子オーダーから巨視的オーダーまで
12. 高分子の力学的性質…ゴム弾性、ゲルの物性
13. 高分子の分子運動と物性…緩和現象、粘弾性
14. 高分子の応用…機能性高分子、導電性高分子、生体適合性高分子

教科書・参考書等

参考書等
de Gennes, Scaling Concepts in Polymer Physics, Doi & Edwards, The Theory of Polymer Dynamics
などが参考書として挙げられる。

関連科目・履修の条件等

特になし

成績評価

(前半)未定

(後半)試験による

このページのトップへ