物質学講究第七   Seminar in Chemistry and Materials Science VII

文字サイズ 

担当教員
指導教員 
使用教室
講究等  
単位数
講義:0  演習:2  実験:0
講義コード
19803
シラバス更新日
2012年5月13日
講義資料更新日
2012年5月13日
学期
前期

講義概要

博士後期課程の学生を対象に,課程に相当する高いレベルの輪講,演習から成る。

講義の目的

物質科学に関する原著論文の紹介などを行い、論文に対する理解力の養成、語学の習熟、 質疑応答を通じてのコミュニケーション能力の向上を基礎として、さらに高度の説明能力、講演能力の開発と研究に対する深い洞察力の涵養を目的とする。

講義計画

論文等の課題選定は学生が独自の判断で行うものとする。

成績評価

選定された論文(課題)の内容、翻訳・要約能力、内容の理解度、説明能力などにつき、指導教員が、必要に応じて質疑応答を通じて総合的に判断する。

このページのトップへ