ITPインターンシップ9   ITP Internship Course 9

文字サイズ 

担当教員
各教員 
使用教室
インターンシップ  
単位数
講義:0  演習:1  実験:0
講義コード
19062
シラバス更新日
2012年5月13日
講義資料更新日
2012年5月13日
学期
前期

講義概要

ITP(若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム:分子素子へむけた多重機能物質開拓のための日米欧連携若手育成プログラム)で実施する国際スクール・シンポジウムで開講される、分野の先端的内容に関する講義、ならびに関係国大学で実施するインターンシップ事業に参加する。

講義の目的

ITPで実施する国際スクール・シンポジウムで開講される、分野の先端的内容に関する講義、ならびに関係国大学で実施するインターンシップ事業に参加することで、分野の最先端の知見を獲得し、今後の当該分野のみならず関連分野全体の発展に資する知識と技量を身につける。

講義計画

当該年度ごとのITP事業によって講義、インターンシップ事業を設定する予定である。詳細な内容などはITP事業のHPに掲載する。

教科書・参考書等

特になし

関連科目・履修の条件等

ITP事業担当並びにその関係分野教員の指導を受け、事業分野に関連する研究を遂行中の博士、修士課程の学生。(ITPインターンシップ9はD3後学期の履修用。)
なお履修に当たっては、事業との関連性などを考慮した審査を事業担当委員会でおこない、履修の可否を決めるので、申請前に指導教員を通じ、事業担当教官(ITP事業HPに掲載)と十分相談をすることが望ましい。

成績評価

国際スクール、シンポジウム、インターンシップ事業参加後のレポートによる。

このページのトップへ