グローバルCOE化学 特別コロキウム6   GLOBAL COE Chemistry Program Special Colloquium 6

文字サイズ 

担当教員
辰巳 敬  腰原 伸也  高橋 孝志  植草 秀裕 
使用教室
 
単位数
講義:1  演習:0  実験:0
講義コード
19046
シラバス更新日
2008年10月1日
講義資料更新日
2008年10月1日
学期
後期

講義概要

グローバルCOE「新たな分子化学創発を目指す教育研究拠点」は,物質の「合成」と「機能解析」を融合した新しい教育研究を推進することを目的としている。この理念のもと,本講義はグローバルCOEを構成する教育研究クラスターごとに博士課程学生を対象として実施する。履修者全員が各クラスター担当教員のもとに集まりコロキウムを行うことにより,参加者相互の分野の広い研究知識を得るとともに,プレゼンテーションや議論法を体得する。

講義の目的

グローバルCOE「新たな分子化学創発を目指す教育研究拠点」は、物質の「合成」と「機能解析」を融合した新しい教育研究を推進することを目的としている。この理念のもと、本講義はグローバルCOEを構成する各教育研究クラスターごとに博士課程学生を対象として実施する.履修者全員が各クラスター担当教官のもとに集まりコロキウムを行うことにより,参加者相互の分野の広い研究知識を得るとともに,プレゼンテーションや議論法を体得する.

講義計画

本講義の実施は、各クラスターごとの特色ある講義計画による.

関連科目・履修の条件等

コロキウム1, 2を博士課程1年次(前期, 後期)、3, 4を2年次、5,6を3年次にそれぞれ履修する.本科目はグローバルCOE化学の授業科目であり参加している6つの専攻を横断した授業である。受講者には特に深い専門性、関連分野の先端研究を理解し得る高度専門能力が要求される。

成績評価

コロキウムへの参加や発表,質問,議論などの活動が評価の対象となる.

担当教員の一言

グローバルCOEの教育の中核となる講義の一つであるので積極的に参加し広い視野を得てほしい.

このページのトップへ